平塚版 掲載号:2019年5月1日号 エリアトップへ

バラ香る傘カバー開発 産業間連携で新商品登場

経済

掲載号:2019年5月1日号

  • LINE
  • hatena
左から横田さん、片山さん、日本カプセルプロダクツの舘岡さん
左から横田さん、片山さん、日本カプセルプロダクツの舘岡さん

 市内の傘専門店の(有)こばり(明石町)、マイクロカプセル製造業の(株)日本カプセルプロダクツ(大神)、バラ生産農家の横田園芸(城所)の3事業者が連携し、バラの香り付きのアンブレラカバーを開発した。5月7日から(有)こばりで販売を開始する。全16柄、100個限定。長傘、折り畳み傘対応可で1620円(税込)。

 この取り組みは市産業間連携ネットワークを活用したもの。傘のゴミや盗難を減らすため、愛着のわく香り付きの傘袋の開発をしたいと(有)こばりの片山浩江さんが産業振興課に相談したところ、香料をマイクロカプセル化し、生地に印刷する技術を持つ日本カプセルプロダクツを紹介された。

 横田園芸の横田敬一さんに香りの監修を依頼し、特産品でもあるバラの香りで平塚の海やのんびりとした自然を表現。花菜ローズなど4種を使ったアロマブレンドは「ひらつかローズ」と名付けられている。

 片山さんは「お客様から傘立てに入れていたら大切な傘を盗まれてしまったなど残念な話を聞く。持ち歩けばその心配もないし、ビニールの傘袋を使わずエコにもなる。母の日の贈り物にも使ってほしい」と話していた。

 3事業者は今後も、rainとmindをかけたramind(レミンド)プロジェクトとして、商品開発をしたいとしている。

MADOショップ平塚真土店

台風シーズンに貼れば安心「飛散防止フィルム」

http://kobayashikenso.co.jp

<PR>

平塚版のトップニュース最新6

ボランティアへ感謝状

東京五輪

ボランティアへ感謝状 文化

リトアニア大使が来平

9月23日号

認知症患者に働く場を

認知症患者に働く場を 社会

市内法人が機会創出

9月23日号

延期か中止の危機

市立中学修学旅行

延期か中止の危機 教育

昨年に続きコロナ禍で

9月16日号

市も塩害調査実施へ

龍城ケ丘プール跡地

市も塩害調査実施へ 政治

地元住民が検証結果提出

9月16日号

シイラで地域の魅力発信

平塚農商高

シイラで地域の魅力発信 経済

地元飲食店と商品開発

9月9日号

妊婦の「声」に耳傾け支援

妊婦の「声」に耳傾け支援 コミュニティ社会

運営資金をクラファン

9月9日号

あっとほーむデスク

  • 9月23日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook