平塚版 掲載号:2019年5月1日号 エリアトップへ

バラ香る傘カバー開発 産業間連携で新商品登場

経済

掲載号:2019年5月1日号

  • LINE
  • hatena
左から横田さん、片山さん、日本カプセルプロダクツの舘岡さん
左から横田さん、片山さん、日本カプセルプロダクツの舘岡さん

 市内の傘専門店の(有)こばり(明石町)、マイクロカプセル製造業の(株)日本カプセルプロダクツ(大神)、バラ生産農家の横田園芸(城所)の3事業者が連携し、バラの香り付きのアンブレラカバーを開発した。5月7日から(有)こばりで販売を開始する。全16柄、100個限定。長傘、折り畳み傘対応可で1620円(税込)。

 この取り組みは市産業間連携ネットワークを活用したもの。傘のゴミや盗難を減らすため、愛着のわく香り付きの傘袋の開発をしたいと(有)こばりの片山浩江さんが産業振興課に相談したところ、香料をマイクロカプセル化し、生地に印刷する技術を持つ日本カプセルプロダクツを紹介された。

 横田園芸の横田敬一さんに香りの監修を依頼し、特産品でもあるバラの香りで平塚の海やのんびりとした自然を表現。花菜ローズなど4種を使ったアロマブレンドは「ひらつかローズ」と名付けられている。

 片山さんは「お客様から傘立てに入れていたら大切な傘を盗まれてしまったなど残念な話を聞く。持ち歩けばその心配もないし、ビニールの傘袋を使わずエコにもなる。母の日の贈り物にも使ってほしい」と話していた。

 3事業者は今後も、rainとmindをかけたramind(レミンド)プロジェクトとして、商品開発をしたいとしている。

ひらしん平塚文化芸術ホール

和洋折衷を融合させた竜馬四重奏が平塚初上陸!6月8日18時30分開演

https://hiratsuka.hall-info.jp/

<PR>

平塚版のトップニュース最新6

農業体験で自立支援

NPO法人ぜんしん

農業体験で自立支援 社会

ひきこもり・不登校改善へ

5月12日号

景況指数4期ぶり悪化

平塚信金景気調査

景況指数4期ぶり悪化 経済

小売業況が大幅下落

5月12日号

地域連携で文科大臣賞

太洋中区読書推進協

地域連携で文科大臣賞 文化

市内で10年ぶりの受賞

5月5日号

リトアニアと交流今も

港小学校

リトアニアと交流今も 教育

両国児童 春題材に発表会

5月5日号

梅屋本館 9月に閉館へ

梅屋本館 9月に閉館へ 社会

老朽化に伴い営業断念

4月28日号

2年連続ゼロ達成

平塚市待機児童

2年連続ゼロ達成 教育

保育ニーズへの対応奏功

4月28日号

あっとほーむデスク

  • 5月5日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook