平塚版 掲載号:2020年3月5日号 エリアトップへ

第74回市町村対抗「かながわ駅伝」で区間賞に輝いた 斎藤 俊輔さん 新町在住 20歳

掲載号:2020年3月5日号

  • LINE
  • hatena

社会に出ても走り抜く

 ○…「郷土愛というほど地元に対して大げさな感情はないですよ」と頭をかくが、タスキに書かれた『平塚市』の文字が背中を強く押した。3度目の出場となった「かながわ駅伝」で2区(9・7Km)を28分7秒で走り、区間賞を獲得した。10Km換算でも自己ベストといい「平塚代表というプライドが良い方向に働いたんだと思います。自分にも郷土愛ってあるのかも知れませんね」とレースを振り返る。

 ○…大原小時代はサッカーに明け暮れたスポーツ少年。明朗活発な性格で好奇心も旺盛だった。大野中に進むと個人種目である陸上に関心をもち、健脚を磨いた。とりわけ1500mに適性を見出し、県大会で2位に入賞するなど頭角を現していった。秦野高校でも迷わず陸上部へ。残り200mを20秒台で走り抜けるスパートを武器に勝負強さを身に付け、箱根駅伝の常連校から誘いを受けるまでに成長した。

 ○…「勉強もしっかりやろうと思ったんです」と一般受験で立教大学に進学した。自宅からキャンパスまでは片道2時間半。通学だけでも大変だが、体育会陸上部でトレーニングを続けている。1500mのタイムは日本選手権の標準記録にあと3秒と迫る3分48秒まで縮まった。「最後の思い出に、ぜひ出場したいんです」と国内最高峰のレースを競技生活のゴールに据えている。

 ○…陸上をやめたいと思ったことは幾度もあったが、リタイアはしなかった。就職活動を控えるそんな二十歳は「陸上選手のような社会人に」と瞳を輝かせる。苦しい時こそ勝負どころ、粘って粘って、絶対にあきらめないのがランナー。「進路は迷っていますが」と前置きしつつ、「どの道にせよ、最後まで走り抜きます」と笑顔で誓いを立てた。

平塚版の人物風土記最新6

添田 直さん

6月1日付で県宅地建物取引業協会湘南中支部の支部長に就任した

添田 直さん

(株)添田土地 代表取締役 52歳

6月4日号

内田 敏夫さん

「相州凧の会」会員で、40年以上創作凧を作っている

内田 敏夫さん

天沼在住 83歳

5月28日号

浦瀬 浩一さん

4月17日付で大神工業会の第9代会長に就任した

浦瀬 浩一さん

(株)神奈川環境クリエイト代表 54歳

5月21日号

向田 朋之(むかいだ ともゆき)さん

企業向け感染症コンサルタント「感染症ドットコム」を運営する

向田 朋之(むかいだ ともゆき)さん

纒在住 40歳

5月14日号

相馬 純さん

市内の保育園などにマスクを寄贈した「相馬工業」代表取締役を務める

相馬 純さん

纒出身 39歳

5月8日号

八木 賢一さん

「平塚まちなか活性化隊」メンバーで「平塚お弁当まっぷ」を立ち上げた

八木 賢一さん

明石町在住 38歳

4月30日号

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年6月4日号

お問い合わせ

外部リンク