平塚版 掲載号:2020年5月28日号 エリアトップへ

「相州凧の会」会員で、40年以上創作凧を作っている 内田 敏夫さん 天沼在住 83歳

掲載号:2020年5月28日号

  • LINE
  • hatena

凧あげて 上向こう

 ○…「凧を愛しているから、地域の人にあげてと言われれば喜んで行く」と目じりを下げる。新型コロナによる外出自粛が続く中、少しでも元気を出してもらおうと17日、NPO法人暮らし・つながる森里川海のメンバーらと共に、馬入の河川敷で「龍」の文字が描かれた相州凧と「がんばろう!日本」の横断幕を大空に飛ばした。「お正月と五月の節句に凧をあげるのが恒例だったけれど、今年はダメだったので、良い機会でした」と顔をほころばせる。

 ○…凧の魅力に気付いたのは40年ほど前。通勤のため車を走らせていると、辻堂の交通公園で凧あげしているのが見えた。「空に画びょうで貼り付けられたように、ぴたっと止まって見えた。気になって会社帰りにまた見に行ったのが始まり」。愛好家達と遠方の大会に出るようになり、持ち運ぶのに便利なよう、骨組みを折り畳めたり、すだれのように巻いたりして持ち運べるオリジナルの創作凧を作成。「相州凧」と名付けた。

 ○…東海大学の学生たちとの関わりも深い。東日本大震災の翌年には、同大の「3.11生活復興支援プロジェクト」の学生らと夜行バスで石巻市に向かい、大凧あげと凧作りに取り組んだ。「孫と同年代の子と一緒になって楽しかった。石巻の子どもたちも喜んでくれたいい思い出です」と、今でも大切に新聞記事や当時の資料をスクラップしている。

 ○…会員の高齢化で、現在「相州凧の会」の活動はないが、平塚市展で優秀賞をとったこともある鎌倉彫や、ろくろから自作した陶芸など趣味は尽きない。「どうやったらうまくいくか考えて工夫するのが楽しい。凧も風によって骨組みを変える。今時期の風はやわらかく、良い時期」と五月晴れに目を細めた。

平塚版の人物風土記最新6

相澤 孝文さん

エア七夕平塚の「七夕ぬりえコンテスト」で原画を手掛けた

相澤 孝文さん

花水ラオシャン本店 大将 54歳

7月2日号

井上 純一さん

5月26日付で(公財)平塚市まちづくり財団の理事長に就任した

井上 純一さん

豊原町在住 64歳

6月25日号

加藤 智輝さん

セパタクロー強化指定選手として活躍する

加藤 智輝さん

湘南ベルマーレ(平塚)勤務 23歳

6月18日号

元島 新さん

「平塚YouTuberしん」として平塚市についての動画を発信する

元島 新さん

平塚市在住 23歳

6月11日号

添田 直さん

6月1日付で県宅地建物取引業協会湘南中支部の支部長に就任した

添田 直さん

(株)添田土地 代表取締役 52歳

6月4日号

内田 敏夫さん

「相州凧の会」会員で、40年以上創作凧を作っている

内田 敏夫さん

天沼在住 83歳

5月28日号

あっとほーむデスク

  • 7月2日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 6月4日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク