平塚版 掲載号:2020年6月25日号 エリアトップへ

5月26日付で(公財)平塚市まちづくり財団の理事長に就任した 井上 純一さん 豊原町在住 64歳

掲載号:2020年6月25日号

  • LINE
  • hatena

地元愛あふれる裏方役

 ○…市民参加型「第九のつどい」や囲碁1000面打ち大会、市民むけ運動教室の開催など、地域の文化・スポーツ振興の中核を担ってきた平塚市まちづくり財団。イベントを多く扱う財団にとってもコロナ禍は、前代未聞の緊急事態となった。公演は軒並み中止。理事長に着任して間もなく、落胆と不安が交錯する職場で訓示した。「皆さんの健康を第一に。その上で仕事について今一度考えを深めてほしい」

 ○…「3密」防止のため、いかなる集客も阻まれるジレンマを抱えながらも「これまでと違う取り組みに挑むのは、やりがいもあるはず」と前向きな言葉で職員の背中を押す。自宅でできるエクササイズを動画配信するなど、少しずつではあるがアイデアのつぼみが開き始めている。「職員の熱意は宝。主役は職員、理事長は裏方役。自信と誇りをもって働ける環境づくりが私の仕事です」

 ○…秦野市に生まれたが、親戚が錦町にいたこともあり、少年時代の思い出は、その多くが平塚の記憶。夜空を埋め尽くす飾りに瞳を輝かせた七夕まつり、ヘトヘトになって国道を歩いた龍城ケ丘プールの帰り道。そんな第二の地元で働こうと大学卒業後、平塚市役所に入庁した。退職までの41年間に2人の子どもは独立。半生を振り返り、こみ上げるのは妻への感謝の気持ちだ。「コロナが終息したら、のんびり列車の旅に連れていきたい」と頭を下げる。

 ○…読書家で、西村京太郎の小説がとくに好き。「全作品の書評を一冊の本にまとめること」を密かな目標に掲げている。「私にとっての小説のように、財団が関わる文化やスポーツは人に潤いや彩りを与える存在。チーム一丸で頑張ります」。大きな使命感を職員と共有しながら、仕事の花を咲かせていく。

平塚版の人物風土記最新6

相澤 孝文さん

エア七夕平塚の「七夕ぬりえコンテスト」で原画を手掛けた

相澤 孝文さん

花水ラオシャン本店 大将 54歳

7月2日号

井上 純一さん

5月26日付で(公財)平塚市まちづくり財団の理事長に就任した

井上 純一さん

豊原町在住 64歳

6月25日号

加藤 智輝さん

セパタクロー強化指定選手として活躍する

加藤 智輝さん

湘南ベルマーレ(平塚)勤務 23歳

6月18日号

元島 新さん

「平塚YouTuberしん」として平塚市についての動画を発信する

元島 新さん

平塚市在住 23歳

6月11日号

添田 直さん

6月1日付で県宅地建物取引業協会湘南中支部の支部長に就任した

添田 直さん

(株)添田土地 代表取締役 52歳

6月4日号

内田 敏夫さん

「相州凧の会」会員で、40年以上創作凧を作っている

内田 敏夫さん

天沼在住 83歳

5月28日号

あっとほーむデスク

  • 7月2日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 6月4日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク