平塚版 掲載号:2020年9月17日号 エリアトップへ

平塚産ビール誕生 ホップ栽培から醸造まで

文化

掲載号:2020年9月17日号

  • LINE
  • hatena
平塚産ビールを持つ(左から)白土さん、ダビドさん、豊田さん
平塚産ビールを持つ(左から)白土さん、ダビドさん、豊田さん

 平塚産の有機ホップを使ったビール「Hiratsuka Fresh Hop Ale」が9月4日、販売開始した。ホップは見附町在住の豊田高博さん(54)が出縄の「いかす圃場」で生産。夕陽ケ丘のクラフトビール店「イグドラジル・ブルーイング」に醸造を依頼し、製品化した。

 もともとビール好きだったという豊田さん。「好きが高じて、興味を抱いた」と、ホップ作りに取り組む馴染みの醸造所から譲り受けた苗を使い、昨年から自宅ベランダでホップ栽培を始めた。

 無事収穫できたことに弾みをつけ、参加していた有機農業講座「サスティナブル・アグリカルチャー・スクール」を運営する(株)いかす代表の白土卓志さん(42)に、本格的な生産について相談。今年3月からいかすの50平米の畑で9種類21株を有機栽培している。

 イグドラジル・ブルーイング店主のダビド・ガーダオ(42)さんは「いつも使っているホップは輸入物なので収穫したその日に納品されるフレッシュさは他にない魅力。新鮮だからこそ味わえるミントや柑橘のような爽やかな香りが、まだ暑い今の時期にピッタリです」と笑顔を見せる。収穫した約2キロのホップから250リットルのビールを製造。売れ行きは好調で「せっかくだから地元の味を」と注文する客が多いという。ビールは同店で飲める他、テイクアウトも実施中。

 豊田さんは「今後もホップの質を上げるための研究を重ね、平塚の名前がついた美味しいビールを作りたい」と意気込んでいた。

平塚版のトップニュース最新6

文科大臣から表彰

黒部丘在住加藤利雄さん

文科大臣から表彰 文化

移動図書館の礎築く

1月21日号

飲食店に独自支援へ

平塚市

飲食店に独自支援へ 政治

夜間時短「比較的大きな店」

1月21日号

急ピッチで接種準備

新型コロナワクチン

急ピッチで接種準備 社会

平塚市 補正予算計上へ

1月14日号

自然体験で全国最高賞

湘南いきもの楽校

自然体験で全国最高賞 教育

多彩な環境学習が評価

1月14日号

「安全安心の五輪やりきる」

新春知事インタビュー

「安全安心の五輪やりきる」 政治

感染防止策も訴え

1月7日号

成人式オンラインで

コロナで急きょ変更

成人式オンラインで 文化

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月26日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク