平塚版 掲載号:2020年11月5日号 エリアトップへ

ドラフト会議 平塚ゆかりの右腕に指名 東海大・山崎、平学出身・高田

スポーツ

掲載号:2020年11月5日号

  • LINE
  • hatena
巨人から2位指名の山崎伊織
巨人から2位指名の山崎伊織

 プロ野球のドラフト会議が10月26日、都内で開かれ、東海大学の山崎伊織投手が巨人、平塚学園から法政大学に進んだ高田孝一投手が楽天からそれぞれ2位指名を受けた。

プレーで恩返し

 部員の不祥事による無期限活動停止処分をうけ、東海大野球部は予定していた会見を中止とし、書面で山崎投手のコメントを発表した。

 今年右ひじを手術し、現在もリハビリ中の右腕は「けがもあるなかの2位指名で正直なところ驚いています」とし、巨人からの吉報には「野球を始めた小学1年生の時から巨人ファン。子どものころから東京ドームで試合を見てきただけに、めちゃくちゃうれしかったです」と喜びを語った。

 プロでの目標については「大学の先輩である菅野(智之)選手のように球界を代表する投手になること」を掲げた。

 一方、野球部の不祥事にも言及し、「最上級生の一人として責任を感じています」と謝罪。今後の活躍を通してファンや関係者に少しでも恩返ししたい考えも示した。

恩師も喜びの声

 高田投手は本紙の取材に対し「名前を呼んでいただけたことに、すごくほっとしました」と喜びを報告。平塚市民に対しては「平塚で過ごした高校3年間で成長させてもらい、とても感謝しています。これからもさらに頑張りますので、応援よろしくお願いします」とのメッセージを送った。

 高校1年の秋からレギュラーをつかんだ高田投手は140Km/hを超える直球と正確な変化球で秋の県制覇、関東大会8強の原動力となった。

 教え子のドラフト指名に平塚学園の八木祟文監督は「本人からも報告の電話があった。おめでとうと伝えた」と笑顔でコメント。大学野球の舞台で最速155Km/hの右腕に成長したこともあり「法政大学さんが大切に大きく育ててくれた。感謝の気持ちでいっぱい」と感謝した。

 平塚学園出身のプロ入りは、2008年の柳川洋平(ソフトバンク)以来、4人目。八木監督の体制になってからは初めて。

楽天から2位指名の高田孝一
楽天から2位指名の高田孝一

平塚版のトップニュース最新6

文科大臣から表彰

黒部丘在住加藤利雄さん

文科大臣から表彰 文化

移動図書館の礎築く

1月21日号

飲食店に独自支援へ

平塚市

飲食店に独自支援へ 政治

夜間時短「比較的大きな店」

1月21日号

急ピッチで接種準備

新型コロナワクチン

急ピッチで接種準備 社会

平塚市 補正予算計上へ

1月14日号

自然体験で全国最高賞

湘南いきもの楽校

自然体験で全国最高賞 教育

多彩な環境学習が評価

1月14日号

「安全安心の五輪やりきる」

新春知事インタビュー

「安全安心の五輪やりきる」 政治

感染防止策も訴え

1月7日号

成人式オンラインで

コロナで急きょ変更

成人式オンラインで 文化

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月26日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク