神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
平塚版 公開:2021年3月4日 エリアトップへ

平塚イチゴ食べ比べ 市内3社で新商品企画

文化

公開:2021年3月4日

  • X
  • LINE
  • hatena
発起人の川口さん(右)と佐野さん
発起人の川口さん(右)と佐野さん

 コロナ禍の厳しい経営状況を打破しようと、市内の湘南創菓 菊毬(花水台・川口誉則代表)、株式会社鈴木製餡所(豊原町・佐野正敏代表)、株式会社荒井ベジアス平塚土屋農場(土屋・荒井亮三代表)がタッグを組み、平塚産のイチゴを使った「いちご大福食べ比べセット」を3月16日(火)まで期間限定販売している。

 きっかけは新型コロナの影響で、和菓子のご進物やお土産需要が大幅に減ったこと。菊毬の川口代表がもともと取引のあった鈴木製餡所の佐野代表に相談し、今が旬の平塚産のイチゴを前面にPRする形で、人気商品をリニューアルした。イチゴを卸してくれる生産者を探し、荒井ベジアスに辿り着いた。

 川口代表は「コロナ禍だからこそ楽しみながら地元の魅力を知ってほしい」と話していた。

 同セットは、紅ほっぺ、よつぼし、とちおとめ、あきひめ、あまおとめ、やよいひめの6品種からランダムで2〜4品種のイチゴを使用。4個入りで1千円(税込)。菊毬本店・ラスカ平塚店で販売している。
 

イチゴの断面からも品種の違いがわかる。左があまおとめ、右が紅ほっぺ
イチゴの断面からも品種の違いがわかる。左があまおとめ、右が紅ほっぺ

平塚版のローカルニュース最新6

湘南工芸展が作品募集

湘南工芸展が作品募集

3月8日(金)まで受付

2月24日

20回記念し発表会

ひらつかマジシャンズ

20回記念し発表会

2月23日

24日、シーズン開幕

湘南ベルマーレ

24日、シーズン開幕

ホームで川崎戦 午後3時

2月22日

競輪場、アートで彩り

スタジオクーカ

競輪場、アートで彩り

施設利用者が壁画制作

2月22日

油彩画で光の反映を表現

油彩画で光の反映を表現

25日まで 元麻布ギャラリー

2月22日

成年後見学ぶ講座

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月14日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook