平塚版 掲載号:2021年10月28日号 エリアトップへ

対カラスに「鳥型ロボ」 土沢地区で実証実験

社会

掲載号:2021年10月28日号

  • LINE
  • hatena
関係者が見守る中行われた吊り下げ型のロボットの実験
関係者が見守る中行われた吊り下げ型のロボットの実験

 カラスなどによる農作物や家畜の鳥獣被害がある土沢地区の有限会社浜田牧場(浜田昌伯代表)で10月19日〜22日、株式会社建設環境研究所が開発した、害鳥を追い払う「鳥型ロボット」の実証実験が行われた。

 今回実験したのは開発1号機。ロボットは、カラスの天敵でもある猛禽類のオオタカの形をしており、スピーカーからオオタカが警戒するときの鳴き声を流すほか、ラジコンの要領で本物さながらに羽根を動かせる仕組みだ。

 剥製のカラスを捕食しているシーンを模した「設置型」と、空を旋回し威嚇する「吊り下げ型」の2種で実験。それぞれ、設置型は近づいてくるカラスに、吊り下げ型は電線などに止まり遠くから様子を伺うカラスへの効果を狙った。

 吊り下げ型の実験時には、警戒の鳴き声を発しながら滑空するロボットの様子を見に、たびたび低空飛行でカラスが現れるなどの反応があった。

 開発責任者の志村正幸さんは「カラスは小学校低学年の子どもくらいの知能があると言われている。それを逆手にとって、このエリアには猛禽類が生息し危険なんだということをカラスに教育したい。実験結果を踏まえて改良していく」と話していた。

 9年前から積極的にカラス対策を行っている浜田さんは、「乳牛や子牛をつつかれるほか、農作物を荒らされる被害も出ている。ネットを張って対策するしかなかった。鳥型ロボットが、農家の明るい期待になればうれしいです」と話していた。

平塚版のトップニュース最新6

灯ろう浮かべ、平和希求

灯ろう浮かべ、平和希求 社会

総合公園で市民イベント

8月11日号

金目小の道越さん全国へ

バドミントン女子

金目小の道越さん全国へ スポーツ

初舞台に向け意気込み

8月11日号

手術支援ロボ 10月稼働へ

平塚市民病院

手術支援ロボ 10月稼働へ 社会

国産機導入は県内初

8月4日号

子どもの宿題お助け

市地区図書館

子どもの宿題お助け 教育

夏休み期間中、月曜開館

8月4日号

囲碁の高校全国大会へ

横内在住尾島さん

囲碁の高校全国大会へ 教育

平常心で「ベスト16目指す」

7月28日号

聞かせて子育てママの声

母親グループ

聞かせて子育てママの声 教育

1000人目指しアンケート

7月28日号

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月5日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook