神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
平塚版 公開:2024年4月18日 エリアトップへ

岡崎の歴史 カルタで伝承 住民有志が制作

文化

公開:2024年4月18日

  • X
  • LINE
  • hatena
(左から)編纂委員会の青沼さん、菅原さん、露木義男さん
(左から)編纂委員会の青沼さん、菅原さん、露木義男さん

 岡崎の歴史を子どもたちに楽しみながら学んでもらおうと、地域住民らが「岡崎ふるさとカルタ」を制作した。ふるさとカルタ編纂委員会の青沼護さんは「子どもから大人まで地域を知るきっかけづくりになれば」と期待を寄せる。

 岡崎地区地域活動推進会議や民生委員、青少年指導員など12人で昨年5月に同委員会を設置。市の地域課題解決推進事業交付金を活用し、3月下旬に20セットが完成した。

 制作に向け、岡崎小学校や地域住民から読み札を募集したところ、290句が集まった。秋には読み札の選考が行われ、45句を決定。「本来カルタは『を』と『ん』を抜いて44枚か、入れて46枚だけど、小学生から岡崎ならではの『ん』の句がきたので45枚になった」と青沼さん。取り札のデザインは、絵が得意な栗原濶(じゅん)さん(ふじみ野在住)と大住中学校の美術部員に依頼。栗原さんが35枚、中学生が10枚の取り札を描いた。

 カルタには地域の歴史や地理、祭り、鈴川の鯉のぼり、子どもたちの日常風景などが読まれている。同委員会の菅原勝史さんは「古くは縄文時代から最近のものまで、地域全体が見渡せるカルタとなった」と胸を張る。

 同カルタは岡崎小と大住中に寄贈されるほか、岡崎公民館に保管。今後は、同公民館でカルタ大会などを企画しているという。

「地域に愛着を」

 委員会メンバーは4月5日に落合克宏平塚市長を訪問し、カルタの完成を報告。落合市長は「岡崎地域の魅力と歴史が盛り込まれてたカルタを学校でも活用し、地域への愛着が深まることを期待している」と話した。

買い物ついでにぜひお立ち寄りください

記念硬貨・金貨・銀貨、古銭など高価査定中!

https://kaitorikinfuji.com/

<PR>

平塚版のトップニュース最新6

空手国際大会で優勝

めぐみが丘の高橋芽依さん

空手国際大会で優勝

4度目の挑戦で栄冠

5月16日

若者の奨学金返済を支援

平塚市

若者の奨学金返済を支援

29歳以下対象に年10万円

5月16日

搬送にマイナカード活用

平塚市消防本部

搬送にマイナカード活用

全国に先駆け実証事業

5月9日

ランク戦でTKO勝利

湘南龍拳大橋波月さん

ランク戦でTKO勝利

ライトフライ級8位に

5月9日

5月5日は「相模国府祭」

5月5日は「相模国府祭」

前鳥神社、八幡宮など参集

5月2日

家事育児まるごと支援

産後ドゥーラ湘南

家事育児まるごと支援

訪問ヘルパー事業登録

5月2日

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 3月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook