ホーム > 大磯・二宮・中井版 > ローカルニュース > 火災と救急・救助 共に増加

大磯・二宮・中井

火災と救急・救助 共に増加

平成22年災害概要を発表 足柄消防組合
Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加

 足柄上地域1市5町を管轄する足柄消防組合が、このほど平成22年1月から12月までの火災発生状況と救急・救助件数を発表した。

 発表によると、管内で平成22年中に発生した火災総件数は37件で、前年(31件)より増加した。このうち建物火災が17件と最も多く、全体の約45%を占める。増加件数の内訳は建物火災が3件増、車両火災が2件増、その他の火災が2件増。火災の原因は、放火および放火の疑いが10件(前年4件)で、たばこやコンロ、火遊びなどによる火災も多かった。また市町別では南足柄市が8件(前年比1件減)、中井町が6件(同5件増)、大井町が5件(同1件減)、松田町が3件(同2件減)、山北町が10件(同4件増)、開成町が5件(同1件増)だった。

救急出場
も増加

 一方、平成22年の救急出場件数は4162件(前年3924件)、救助出場件数が73件(前年54件)とこちらも増加している。1日当たりの出場件数は11・4件(前年10・8件)。

 このうち救急出場では、65歳以上の高齢者への出場件数が2143件で前年比207件増、熱中症での出場件数が57件で前年比49件増とそれぞれが大幅に増えたことがわかった。また救助件数では、交通事故が34件、山岳遭難事故関連が9件、水難事故が4件だった。

 同組合では、火災については「3月と11月の火災予防運動期間を中心に警戒巡視や予防啓発を図り、住宅用火災警報器の設置期限が近いことも強く呼びかけていく」とし、救急・救助については「引き続き救急車の適正利用を呼びかけていくと共に、登山ブームに対応するため山岳事故を想定した訓練や注意喚起のチラシ配布を行うなどの予防対策を図っていく」と話している。

関連記事

powered by weblio


大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 藤沢
  • 鎌倉
  • 茅ヶ崎
  • 寒川
  • 平塚
  • 大磯・二宮・中井
  • 小田原
  • 足柄
  • 箱根・湯河原・、真鶴
  • 秦野