大磯・二宮・中井版 掲載号:2015年12月4日号 エリアトップへ

二宮町予算編成 歳出予算に聖域認めず 全経費「前年未満」念頭に

政治

掲載号:2015年12月4日号

  • LINE
  • hatena
村田邦子二宮町長
村田邦子二宮町長

 二宮町は平成28年度の予算編成を前にした11月20日、その編成方針を町のホームページ上で公表した。それによると、生産労働人口の減少に伴って町税収入減の進行も予測され、引き続き「身の丈に合った」苦しい財政のやりくりを余儀なくされそうだ。

 村田邦子町長が就任して以来、初の予算編成となる新年度。町税の減少が見込まれる中、歳出予算については聖域を認めず、徹底した合理化策を講じ、町の財政をゼロから見直すとしている。その上で、予算査定は「一件査定方式」を実施。全てにおいて適切な積算根拠と財源見通しを求め、町民に十分な説明責任を果たしていくとした。

 基本的な方針としては、前年踏襲は排除し、全ての経費について「前年未満」を念頭に置いた予算見積とするよう、各部課にも通達。各事業や施設の管理・運営を行う際に必要な人件費・諸経費についても見直しを求めている。

 消費的経費については、子育てや高齢者支援などの扶助費に多くの予算を充当。特別会計への繰出金が年々肥大化している状況に対しては、事業の縮小・廃止・先送りなどで対応していく構えだ。

 今後は12月18日までに町政策部で1次査定を行い、来年1月8日までに町長・副町長による2次査定を実施。2月1日には予算編成の内示が出される予定となっている。

新規18事業を予定

 平成28年度の重点施策は第5次二宮町総合計画前期基本計画実施計画に基づいて選定。【1】生活の質の向上と定住人口の確保【2】環境と風景が息づくまちづくり【3】交通環境と防災対策の向上【4】戦略的行政運営の4本柱を掲げ、新規18事業の推進を図るという。

 予定されている主な新規事業は次の通り。

 将来を見据えた学校のあり方の検討・待機児童への対応と駅前保育所の開設・病後児保育事業の検討・空き家等の適正管理と空き家バンク制度(仮称)の運用・まちづくり条例(仮称)の制定・再生可能エネルギーの計画策定と活用方法の検討・新たな起業者支援策の検討・子どもから大人までの健康づくり事業の推進・未利用町有地の有効活用の調査検討・地域公共交通の運行計画の見直し・1市2町消防指令センターの整備・公共施設再配置全体計画の推進と実施計画の策定・公共施設予約システムの導入に向けた検討と稼働率の向上・都市計画基本図の改訂・SNSを活用した情報発信

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

大磯の魅力 外国人へ発信

大磯の魅力 外国人へ発信 社会

ガイド協会が英語ツアー

9月20日号

大磯の昆虫 3千種ズラリ

国府新宿在住渡辺康生さん

大磯の昆虫 3千種ズラリ 社会

図書館で40年超の成果披露

9月20日号

若者力で再発進

大磯宿場まつり

若者力で再発進 文化

実行委員を一新 「昔と今をつなぐ」

9月13日号

エネルギー地産地消へ

エネルギー地産地消へ 社会

二宮の太陽光発電所が稼働

9月13日号

中井チーム36年ぶり優勝

中井チーム36年ぶり優勝 教育

自転車の安全な乗り方大会

9月6日号

安全願い起工式

安全願い起工式 経済

大磯港賑わい交流施設

9月6日号

手振り交え朝市参加

手振り交え朝市参加 教育

ろう学校と二宮の小学生

8月30日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第29回「原敬【4】」文・武井久江

    9月13日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第28回「原敬【3】」文・武井久江

    8月23日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第27回「原敬【2】」文・武井久江

    8月9日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月20日号

お問い合わせ

外部リンク