大磯・二宮・中井版 掲載号:2016年5月13日号 エリアトップへ

入居促進へ二宮団地再編 賃貸棟削減、共同農園整備など

社会

掲載号:2016年5月13日号

  • LINE
  • hatena
オリーブの苗木を植える参加者
オリーブの苗木を植える参加者

 神奈川県住宅供給公社は、開発から50年が過ぎた二宮町百合が丘の二宮団地再編事業に乗り出した。老朽化した賃貸住宅28棟を、9年間で18棟に削減し耐震化。共同農園の整備や収穫体験会などで団地生活の魅力を生み出し、若年層、子育て世代の入居を促す。

 二宮団地は1962年に造成が始まり、約72 haの開発地に賃貸と戸建、県営住宅など計1892戸が建てられた。入居開始から半世紀が経ち、建物の老朽化と少子高齢化が進行。空き家も目立ち、コミュニティーの維持や団地の活性化などが課題となっている。

 同公社では、団地の再生に向けたプロジェクト「湘南二宮さとやま@コモン」に着手。団地のコンパクト化と地域の魅力づくり、入居促進を柱に掲げ、住環境の向上を目指す。

 計画では2024年度までに、現在ある賃貸住宅28棟856戸を18棟580戸に再編。建物の耐震診断と改修工事を行い、安心安全な住環境を整備していく。賃貸廃止予定の10棟については、跡地の有効活用を検討する。

 農家や住民団体と連携して共同農園を運営するほか、農業体験イベントや古民家演奏会の開催、散策路整備といった事業も盛り込んだ。団地の商店街には共同キッチンを開設し、農園の収穫物を調理して味わうといった「地産地消」の拠点に位置付ける。

 住宅施設の魅力アップに

向けては、県産木材を使って入居者の生活スタイルに合わせた間取り、内装に改修するリノベーション制度を導入する予定。

 事業着手に際し、同公社は団地の斜面緑地にお茶の苗木100本を植え付けた。5月7日に植樹祭があり、猪股篤雄理事長や二宮町の村田邦子町長、地元地区長などが参加。斜面地最上部の歩道沿いと中段にオリーブの木20本を植えた。

 あいさつに立った猪股理事長は「光ファイバーを入れてインターネット環境を整え、若い人たちに関心を持ってもらえるような団地にしたい」と抱負を述べた。村田町長は「町は、百合が丘と一色を地域再生事業のモデル地区に位置付けている。二宮町の魅力をアピールし、公社と連携して次の世代へ地域をつなげていく」と話した。植樹祭に続き、現地事務所の開所式と祝賀会が開かれた。

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

「第九」大合唱へ集え兄弟

「第九」大合唱へ集え兄弟 文化

ラディアン20周年に全曲初演

1月24日号

100年前の大磯 鮮明に

100年前の大磯 鮮明に 教育

「助役日誌」をウェブ公開

1月24日号

新成人 先輩がおもてなし

新成人 先輩がおもてなし 社会

大磯迎賓舘の二次会

1月17日号

新島襄 没後130周年

新島襄 没後130周年 社会

大磯で碑前祭や講演会

1月17日号

3町612人が門出

3町612人が門出 社会

新成人も祝賀会企画

1月10日号

火の粉舞う 伝統祭事

火の粉舞う 伝統祭事 文化

北浜海岸で「大磯の左義長」

1月10日号

連覇へキックオフ

星槎湘南

連覇へキックオフ スポーツ

全日本高校女子サッカー大会

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

日常使える防災術伝授

あんどうりすさん講演

日常使える防災術伝授

1月25日~1月25日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第37回「吉田茂【4】」文・武井久江

    1月24日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク