大磯・二宮・中井版 掲載号:2016年8月19日号 エリアトップへ

星槎国際高市川さん J2横浜FC入り 190cm長身GK「レギュラー目指す」

スポーツ

掲載号:2016年8月19日号

  • LINE
  • hatena
入団会見で井上理事長(左)と奥寺会長(右)と握手を交わす市川さん
入団会見で井上理事長(左)と奥寺会長(右)と握手を交わす市川さん

 星槎国際高校湘南(大磯町)3年の市川暉記(あきのり)さん(17・中井町)が、ゴールキーパーとしてサッカーJ2の横浜FCとプロ契約を結んだ。10日に同校で入団会見が行われ、「1年目からレギュラーとしてチームの勝利に貢献したい」と抱負を語った。

 市川さんは、横浜FC会長で同校サッカー部の指導にも協力している奥寺康彦氏が橋渡しとなり、クラブの練習やトレーニングマッチに参加。190cmの長身と冷静な判断力がコーチングスタッフの目に留まり、クラブが獲得に乗り出した。

 7月下旬に内定の話を聞いたという市川さんは「最初は信じられなくて、チームメートがお祝いしてくれるうちにプロに入るという実感が湧いてきました」と振り返る。今年の関東大会とインターハイではベスト16の成績を残すなど、チームの守護神として活躍。「平田ゴールキーパーコーチが自分の課題をバシバシ指摘してくれたおかげで、ウィークポイントを克服することができた」と、充実したトレーニング環境がキーパーとしての素質に磨きをかけた。

 奥寺氏は「1対1の場面での予測や反応が速く、将来が楽しみな選手。プロの世界では順風満帆とはいかないかもしれないが、チャンスをしっかりとものにして1日も早く成長してほしい」と期待する。同校がプロサッカー選手を輩出するのは市川さんが5人目で、井上一理事長は「支えてくれた人たちへの感謝と、星槎で学んだことを忘れないでほしい」と激励した。

 市川さんは高校最後の大会となる9月の選手権が終わると、クラブの練習などに参加していく。

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

12年に1度の御開帳

相模新西国三十三観音

12年に1度の御開帳 文化

御朱印の拝領も

4月9日号

2つの新施設が始動

大磯港

2つの新施設が始動 経済

賑わい創出の拠点めざす

4月9日号

自作の里山マップを公開

自作の里山マップを公開 社会

大磯在住 オダギリミホさん

4月2日号

姉妹都市との絆つなぐ

大磯町

姉妹都市との絆つなぐ 社会

キャンプ座間司令官が訪問

4月2日号

副読本をデジタル化

小学校教科書

副読本をデジタル化 教育

沖田さんが大磯町に寄贈

3月26日号

空き家再生の人材を育成

大磯町

空き家再生の人材を育成 経済

事業運営や支援方法を習得

3月26日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter