大磯・二宮・中井版 掲載号:2016年8月26日号 エリアトップへ

津波避難タワー設置 県 大磯北浜海岸で

社会

掲載号:2016年8月26日号

  • LINE
  • hatena
津波避難タワーの完成予想図(大磯町提供)
津波避難タワーの完成予想図(大磯町提供)

 県は、大磯町の北浜海岸で「津波避難タワー」の建設に取り掛かる。津波の襲来時、海岸から逃げ遅れた海水浴客などの避難施設として活用していく。9月に着工し、来年3月の完成を目指す。

 津波避難タワーは高さ7・9m、海抜11mの鉄骨造。最上部に設ける60平方メートルのステージに100人が収容できる。設置場所は県と町、関係機関が協議し、港湾利用者や夏場の海水浴客などが避難できる北浜海岸西側の防波堤沿い=図=に決めた。建設費の約1億8千万円は県が支出する。

 北浜海岸周辺は、町の津波浸水想定図で最大9・4mの津波が11分で到達する予測が立てられている。平塚土木事務所によると、最大クラスの津波シミュレーションより1・5m以上余裕を持たせてタワーの高さを設計した。

 津波の衝撃に耐えられるよう地下4・5mまで杭を打ち込み、2・4mのコンクリート基礎を打設。タワーの左右に階段を設け、ステージには救命道具などを置く予定という。

 県内の津波避難タワーは、2012年に藤沢市の湘南海岸公園に初めて設置され、湯河原町などでも建設計画が進んでいる。

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

園舎に旧三井別荘の建材

園舎に旧三井別荘の建材 社会

18年前に有志が保存 保育園に

4月16日号

特別警戒区域を追加

中井町

特別警戒区域を追加 社会

防災ハザードマップ更新

4月16日号

12年に1度の御開帳

相模新西国三十三観音

12年に1度の御開帳 文化

御朱印の拝領も

4月9日号

2つの新施設が始動

大磯港

2つの新施設が始動 経済

賑わい創出の拠点めざす

4月9日号

自作の里山マップを公開

自作の里山マップを公開 社会

大磯在住 オダギリミホさん

4月2日号

姉妹都市との絆つなぐ

大磯町

姉妹都市との絆つなぐ 社会

キャンプ座間司令官が訪問

4月2日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter