大磯・二宮・中井版 掲載号:2016年10月7日号 エリアトップへ

ノーベル賞「この上ない光栄」 大隅さん「オートファジー」研究で偉業

社会

掲載号:2016年10月7日号

  • LINE
  • hatena
会見に臨んだ大隅さん(左)と妻の萬里子さん=東工大すずかけ台キャンパス
会見に臨んだ大隅さん(左)と妻の萬里子さん=東工大すずかけ台キャンパス

 東京工業大学栄誉教授で、2016年のノーベル医学・生理学賞を受賞した大磯町在住の大隅良典さん(71)が、受賞から一夜明けた4日、妻の萬里子さん(69)と共に会見を行った。大隅さんは「生物学者としてこの上ない光栄」と語り、長年の研究生活を支えた妻と受賞の喜びを分かち合った。

 大隅さんの研究室がある東工大すずかけ台キャンパス(横浜市緑区)の会見場。2人が姿を見せると報道陣のカメラが一斉にフラッシュを光らせ、大学関係者や学生から歓喜の拍手がわいた。花束を受け取った大隅さんは「多くの共同研究者、友人に恵まれ、とても自由に研究ができたおかげ」と、周囲の支えに対して感謝の言葉を述べた。

 3日の受賞決定から報道陣への対応に追われ、萬里子さんと対面できたのはこの日の会見直前だったという。大隅さんは「ワイフがどういうことを思っているのかは良く分かるので、あまり話が弾んだわけではありません」とひょうひょうと語り、会場の笑いを誘った。萬里子さんは、受賞直後に大隅さん本人から吉報が届いたといい「いつも私をだましたりからかったりする人なので、本当だと分かったときは心底驚いた」と穏やかな表情を見せ、「主人の努力を世間の皆様が認めてくださったことに心から感謝したい」と夫の偉業を称えた。

地道な基礎研究花開く

 日本人によるノーベル賞の受賞は大隅さんで25人目、医学・生理学賞は昨年の大村智さんに続き4人目となった。受賞直後に開いた3日の会見で、大隅さんは「少年時代からの夢だったノーベル賞の受賞には格別の重さを感じる」と快挙をかみしめた。

 大隅さんは、細胞自らが不要になったたんぱく質などを分解する自食作用「オートファジー」の働きを解明した成果が評価された。「自分の私的な興味に基づいて、人がやらないことをやろうという思いで研究してきた。基礎的な研究が今日のオートファジー研究の大きなきっかけになったのであれば、基礎生物学者としてこの上ない幸せ」と語る表情には、地道な基礎研究が認められたことへの達成感がにじんだ。

中崎大磯町長「町の誇り」

 大磯町では4日、町民の大隅さんがノーベル賞を受賞したことを受け、中崎久雄町長が記者会見を開いた。

 3日に報道関係者から受賞の知らせを聞いたという中崎町長は「140年の町政の中で、こんなに誇らしいことはない。今このときに町長を務めていられることを幸せに感じている」と賛辞を贈った。

 大隅さんとは年齢が近いこともあり「素晴らしい人とこの町で一緒に住んでいるということはとても励みになる」と、同世代の功績に口調を弾ませた。町長就任以前は医師として医療の世界に携わった経験から「(大隅さんの研究が)日本の医学レベルの向上につながることを願いたい」と期待を込めた。

 町では、吉田茂や島崎藤村、澤田美喜など町ゆかりの著名人6人を名誉町民に選んでおり「ご本人の意向も伺いながら検討していきたい」と、大隅さんへの称号授与についても前向きな姿勢を見せた。

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

12年に1度の御開帳

相模新西国三十三観音

12年に1度の御開帳 文化

御朱印の拝領も

4月9日号

2つの新施設が始動

大磯港

2つの新施設が始動 経済

賑わい創出の拠点めざす

4月9日号

自作の里山マップを公開

自作の里山マップを公開 社会

大磯在住 オダギリミホさん

4月2日号

姉妹都市との絆つなぐ

大磯町

姉妹都市との絆つなぐ 社会

キャンプ座間司令官が訪問

4月2日号

副読本をデジタル化

小学校教科書

副読本をデジタル化 教育

沖田さんが大磯町に寄贈

3月26日号

空き家再生の人材を育成

大磯町

空き家再生の人材を育成 経済

事業運営や支援方法を習得

3月26日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter