大磯・二宮・中井版 掲載号:2017年1月27日号 エリアトップへ

現生人類の営み知る展示 大磯 郷土資料館で始まる

社会

掲載号:2017年1月27日号

  • LINE
  • hatena
様々な石器を展示する
様々な石器を展示する

 大磯町の郷土資料館で、県埋蔵文化財センターによる巡回展「かながわの最初の現代人―旧石器時代のヒトと社会―」が始まった。

 約3万8千年前に日本列島にやってきたホモ・サピエンスと、現代の人間との類似点を探る内容。県内最古とされる約3万8千〜6千年前の石器をはじめ、石器の製作に関わる技術の変遷などを、県内で出土した遺物を基に紹介している。

 相模野台地から遠く離れた場所で産出される石材を使った石器からは、当時の人々が遠隔地での採石に向けて綿密な行動計画を立てていたことが推察されるという。何かのシンボルとして製作されたと考えられるデザイン性に優れた石器も展示し、思考や知識の伝達力をうかがい知ることができる。

 2月26日(日)まで。開館時間は午前9時から午後5時で月曜休館。1月29日(日)と2月12日(日)は無料の展示解説を行う。各日午後1時30分から2時30分。

 2月19日(日)には、首都大学東京准教授の出穂雅実さんによる特別講演「日本列島に現れた最初の現代人・年代と文化的特徴」が同館研修室で行われる。定員80人で応募多数の際は抽選。

 申し込みは往復はがきに「巡回展講演会」と明記し、開催日と住所、氏名、電話番号を記入して〒232-0033横浜市南区中村町3の191の1神奈川県埋蔵文化財センターまで申し込む。1月31日(火)必着。

 問い合わせは同館【電話】0463・61・4700。

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6

新島襄命日 各自で偲んで

新島襄命日 各自で偲んで 社会

終焉の地碑前祭 今年は中止

1月22日号

インフル報告数が激減

インフル報告数が激減 社会

コロナ感染予防が影響

1月22日号

まちかど事件簿

エコバッグ 大磯PRにも

エコバッグ 大磯PRにも 経済

 町観光協会が芸術家と製作 

1月22日号

スギ「並」・ヒノキ「少」

スギ「並」・ヒノキ「少」 社会

県の花粉飛散量予測

1月22日号

6党県代表が年頭所感

6党県代表が年頭所感 政治

コロナ禍の施策語る

1月22日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

菜の花 春を先取り

菜の花 春を先取り

二宮町の吾妻山で見ごろ

1月9日~2月7日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク