大磯・二宮・中井版 掲載号:2018年3月30日号 エリアトップへ

大磯町虫窪 リサイクルセンター竣工 プラごみなどを処理

社会

掲載号:2018年3月30日号

  • LINE
  • hatena
完成したリサイクルセンター(大磯町虫窪53)手前は搬入・搬出物の重さを量る計量棟
完成したリサイクルセンター(大磯町虫窪53)手前は搬入・搬出物の重さを量る計量棟

 大磯町虫窪に整備が進められていたリサイクルセンターの竣工式が3月26日に行われた。大磯町と二宮町から排出される容器包装プラスチックやペットボトルの圧縮梱包に加え、大磯町の可燃ごみ中継と廃棄物の選別保管施設を兼ねる。4月1日から稼働。

 同センターは平塚・大磯・二宮のごみ処理広域化実施計画にもとづき整備が進められていた施設。敷地面積8006・53平方メートル、延床面積3609・32平方メートル。鉄筋コンクリート・鉄骨造の地下1階・地上3階建ての工場棟、鉄骨造・平屋建ての計量棟とコンテナ保管庫棟からなる。白と水色の外観は「大磯らしく、雲と海をイメージした」という。総事業費は約17億6000万円。

 竣工式には1市2町の首長や議長、同センターの建設や運営に関わる企業、地元関係者ら約70人が出席。あいさつに立った中崎久雄町長は「3R(リデュース、リユース、リサイクル)を推進する持続可能な社会に向けて、平塚市、二宮町と連携してごみの減量化や資源化を進めていきたい」と話した。

ごみ処理と環境教育

 リサイクル施設では、これまで平塚リサイクルプラザへ運んで処理していた、年間800トンにおよぶ大磯町と二宮町の容器包装プラスチックとペットボトルの圧縮梱包処理を行えるようになった。処理能力は1日6トン。また大磯町から出る可燃ごみを圧縮し収集車4〜5台分を1台分に積み替えて平塚市環境事業センターへ送る中継機能や、廃棄物を選別・保管して平塚のリサイクルプラザや粗大ごみ破砕処理施設、二宮のウッドチップセンターなどへ搬出する機能も備える。施設内には見学ホールや展示啓発室が設けられ、解説パネルやクイズなどを通じて環境学習にも活用できるようになっている。

 同センターの整備は設計と施工、運営を一体にして民間へ委託するDBO方式を採用。エコセンター大磯株式会社が2038年までの20年間運営する。

テープカットで竣工を祝った
テープカットで竣工を祝った

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

「第九」大合唱へ集え兄弟

「第九」大合唱へ集え兄弟 文化

ラディアン20周年に全曲初演

1月24日号

100年前の大磯 鮮明に

100年前の大磯 鮮明に 教育

「助役日誌」をウェブ公開

1月24日号

新成人 先輩がおもてなし

新成人 先輩がおもてなし 社会

大磯迎賓舘の二次会

1月17日号

新島襄 没後130周年

新島襄 没後130周年 社会

大磯で碑前祭や講演会

1月17日号

3町612人が門出

3町612人が門出 社会

新成人も祝賀会企画

1月10日号

火の粉舞う 伝統祭事

火の粉舞う 伝統祭事 文化

北浜海岸で「大磯の左義長」

1月10日号

連覇へキックオフ

星槎湘南

連覇へキックオフ スポーツ

全日本高校女子サッカー大会

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第37回「吉田茂【4】」文・武井久江

    1月24日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク