大磯・二宮・中井版 掲載号:2018年5月25日号 エリアトップへ

エリザベス・サンダース・ホーム 奥多摩の桜12本を植樹 ボランティア団体が寄贈

社会

掲載号:2018年5月25日号

  • LINE
  • hatena
敷地内に桜の苗木を植樹
敷地内に桜の苗木を植樹

 大磯町のエリザベス・サンダース・ホームで、5月19日に桜の植樹が行われた。同ホームの創立70周年などを記念して、ボランティア団体がオオシマザクラなどの苗木12本を贈り、敷地内に植えた。

 ホームに桜を提供したのは、奥多摩を拠点に活動する「多摩サクラをつなぐ会」(原島賢明会長)。三井系企業のOB・OGからなる「三井ボランティアネットワーク事業団」(=三井V―Net)湘南倶楽部が両者を仲立ちした。

 湘南倶楽部は社会貢献活動の一環として、2000年から年6回、同ホームの清掃活動を実施。これまでに枯葉の清掃や庭木の剪定、自転車修理などを87回行ってホームと親睦を深めてきた。同会とは多摩川に桜を植栽する活動を通じて以前から交流があり、昨年、湘南倶楽部が同ホームで竹とんぼ教室を開いた際に、その材料を同会へ依頼。ホームを訪れた同会から「周年の記念に桜を植えては」と提案があったことをきっかけに、今回の植樹が実現した。

桜咲き誇る施設に

 用意された桜の苗は、同会が奥多摩で種から育ててきたもの。オオシマザクラとシダレザクラがあり、同ホームに7本、併設の認定子ども園あおばとに2本、澤田美喜記念館に3本植えられた。

 植樹には原島会長、三井V―Netの誉田卓也事務局長、社会福祉法人エリザベス・サンダース・ホームの宮崎道忠理事長、同園の高橋冨美子園長をはじめ各団体の会員や職員、同園に通う親子などが出席した。原島会長は「皆さんがたくさんの桜を楽しめるように、今後も植樹を続けていければ」と話し、宮崎理事長は「桜を立派に育てて、次の子どもたちへと大切に引き継いでいきたい」と感謝を述べた。

創設時からの縁

 同ホームと三井グループには浅からぬ縁がある。ロンドンで子どもの養育係として三井家に雇われ、来日して日本で亡くなった英国人エリザベス・サンダース女史の遺産が、同ホーム創設時の最初の寄付金となった。創設者の澤田美喜は女史に敬意を払い、ホームの名前としたという。

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

新型コロナで初の中止

大磯オープンガーデン

新型コロナで初の中止 社会

近隣市町でも自粛相次ぐ

4月10日号

感震ブレーカーに補助金

感震ブレーカーに補助金 社会

中井町が通電火災対策

4月10日号

5人をスポーツ表彰

5人をスポーツ表彰 スポーツ

大磯町 優秀賞2人・功労賞3人

4月3日号

「ネコヌリ」活動中

eスポーツチーム

「ネコヌリ」活動中 社会

平均50代 大磯から発信

4月3日号

希少な山野草など紹介

希少な山野草など紹介 文化

二宮町民が調査・冊子発行

3月27日号

中学校の給食費無償化

中学校の給食費無償化 教育

県内初 中井町が4月から

3月27日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第42回「吉田茂【9】」文・武井久江

    4月10日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月10日号

お問い合わせ

外部リンク