大磯・二宮・中井版 掲載号:2018年12月14日号 エリアトップへ

第100回の大磯市(おおいそいち) 地域の活性化めざし9年目

社会

掲載号:2018年12月14日号

  • LINE
  • hatena

 大磯港をメイン会場に毎月第3日曜日に開催されている「大磯市(おおいそいち)」が、12月16日(日)に100回目を迎える。8年前に19店から始まった市が、県内外から5000人もの人と活気を招くイベントに成長した。

 大磯市は大磯町漁業協同組合や観光協会、商工会、町内のNPOなどでつくる大磯市実行委員会(加藤孝委員長)の主催で、2010年9月に始まった。港で開くマーケットと街中の店舗やイベントが連携することで「大磯全体を市(いち)にする」こと、また港を大磯で仕事を始めたい人のチャレンジの場として開放することで若者を呼び込み、出店を足がかりに町内に実店舗を持ってもらうなど、町の活性化や定住促進につなげることなどを目的としている。

 マーケットには毎回、魚や野菜などの地場産品をはじめ雑貨や工芸品、飲食物を扱うキッチンカーなど約200店が並び、弾き語りやダンスなどの発表の場にもなっている。大磯市の立ち上げから中心的役割を担う実行委員の原大祐さん(40)は「長いがあっという間にも感じる。お客さんが全然来なかった第1回から、出店者も来場者も楽しめる場づくりを心掛けてきた。メディアの紹介で来場者が一挙に膨れ上がったこともあったが、一過性では意味がなく、町内外の人が定期的に足を運びたくなる場でありたい。8年を経て、ようやくイベントから日常になってきた」と振り返る。

 大磯市をきっかけに町内に店舗を開業する人や仕事が増えた工芸作家も出てきた。原さんは「物事を続けるには新しい血を入れて常に進化することが必要。今後は意欲のある後進の育成にも取り組んでいきたい」と話す。第100回大磯市は、午前9時から午後2時まで。

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

5人をスポーツ表彰

5人をスポーツ表彰 スポーツ

大磯町 優秀賞2人・功労賞3人

4月3日号

「ネコヌリ」活動中

eスポーツチーム

「ネコヌリ」活動中 社会

平均50代 大磯から発信

4月3日号

希少な山野草など紹介

希少な山野草など紹介 文化

二宮町民が調査・冊子発行

3月27日号

中学校の給食費無償化

中学校の給食費無償化 教育

県内初 中井町が4月から

3月27日号

特殊詐欺被害額が増加

大磯署・松田署管内

特殊詐欺被害額が増加 社会

巧妙化する手口に注意

3月20日号

中井のボトル天然水発売

中井のボトル天然水発売 経済

町と地元企業が連携

3月20日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第41回「吉田茂【8】」文・武井久江

    3月27日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク