大磯・二宮・中井版 掲載号:2019年1月11日号
  • LINE
  • hatena

県保育賞に大磯から2人 斉藤和代さんと古澤智恵さん

社会

 県内の児童福祉施設に勤務する模範的な保育士を表彰する「平成30年度神奈川県保育賞」の受賞者8人がこのほど発表された。大磯からは町立国府保育園の斉藤和代さんと、エリザベス・サンダース・ホームの古澤智恵さんが選ばれた。

 県保育賞は1965年に県が制定したもので、今回が54回目。これまでに397人が受賞している。鎌倉芸術館で行われた贈呈式では、黒岩祐治県知事から受賞者に表彰状と県の花のヤマユリをデザインした記章(ブローチ)が手渡された。

信頼を大切に

 斉藤さんは保育士歴約30年。現在は庶務全般や園長不在時の代理など裏方として園全体をサポートする。「子どもたちの成長ぶりやその日の出来事を保護者の方にお話しして、笑い合えることが一番嬉しい。園が皆にとって過ごしやすい場になるよう、しっかりとコミュニケーションをとって信頼関係を積み重ねていきたい」と微笑む。大磯で生まれ育ち、近所の子どもの世話をすることが楽しくなって保育士を志した。「遠方から園を見学に来る人もいる。その時に、園と大磯の良さを伝えられるようにしたい」と今後の抱負を語った。

子らの幸せ願う

 保育士であり、職業指導員を務める古澤さんは、児童養護施設の子どもの自立支援に尽力する。学生時代に同ホームで2週間の保育実習を経て「ここにいる子たちと一緒にいたい」との思いを強くしたという。子どもらに日々寄り添い、24年目。「育ててくれてありがとう」。そんな言葉をもらう機会が増え、卒園生の親代わりで結婚式に招かれたときは「泣きっ放しでした」。「正解は一つではなく、すぐに結果が出る仕事ではないけれど、『大人になったね』と喜べる日につながる。幸せになって」と教え子に温かいまなざしを注ぐ。大磯町出身。

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6件

大磯・二宮・中井版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

信州の夫妻の器100点

信州の夫妻の器100点

ギャラリーさざれ石

3月17日~3月30日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第18回「寺内正毅【1】」文・武井久江

    3月8日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク