大磯・二宮・中井版 掲載号:2019年1月18日号 エリアトップへ

新島襄 命日に偲ぶ 終焉の地・大磯で碑前祭

社会

掲載号:2019年1月18日号

  • LINE
  • hatena
終焉之地碑
終焉之地碑

 同志社大学の設立に尽力し、福沢諭吉らとともに明治六大教育家に数えられる新島襄(1843〜90年)の遺徳を偲ぼうと、命日にあたる1月23日に大磯町内にある終焉之地碑庭園で碑前祭が行われる。

 新島は同志社大学の設立にむけ奔走していたさなかに病に倒れ、明治22(1889)年12月28日から大磯海岸に近い百足屋(むかでや)旅館の別館・愛松園で療養生活を始めた。しかし病は回復せず、翌年1月20日に危篤に陥り、同月23日に46歳11カ月の生涯を閉じた。最期を看取った妻・八重に残した言葉は「狼狽するなかれ、グッドバイ、また会わん」だったという。

 終焉之地碑は昭和15(1940)年に新島の門下生らによって旧百足屋の敷地内に建てられた。その際、愛弟子だったジャーナリストで歴史家の徳富蘇峰が碑文を揮毫している。

黙とうや献花など

 碑前祭は学校法人同志社の主催で毎年、新島の命日に開かれている。同大卒業生や関係者、大磯町民らが参列し、午後2時20分から碑前に黙とうと讃美歌を捧げる。同志社の八田英二総長が式辞を述べ、大磯町詩吟連盟が詩吟・和歌、朗詠などを披露。最後に卒業生団体の代表者や中崎久雄大磯町長らが献花を行う。

 会場は、国道1号線「照ヶ崎海岸入口」交差点そば。

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

布川優さん全日本出場

大磯テニスアカデミー

布川優さん全日本出場 スポーツ

関東ジュニアで準優勝

8月12日号

事件・事故のない夏に

事件・事故のない夏に 社会

3年ぶり増 県警が注意喚起

8月12日号

商品券2万冊を増刷へ

二宮町補正予算

商品券2万冊を増刷へ 経済

コロナ禍の物価高騰補う

8月5日号

親子で全日本選手権へ

サーフィン

親子で全日本選手権へ スポーツ

田原靖夫さん・ありいさん

8月5日号

尾島さん 囲碁で全国へ

大磯高校

尾島さん 囲碁で全国へ 教育

2つの県大会で優勝

7月29日号

地場産品でパンづくり

大磯町

地場産品でパンづくり 社会

農福学官で協働開発

7月29日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook