大磯・二宮・中井版 掲載号:2019年1月25日号 エリアトップへ

創部5年目の全国初優勝 星槎国際湘南女子サッカー部

スポーツ

掲載号:2019年1月25日号

  • LINE
  • hatena
優勝杯をつかんだ星槎国際湘南の選手たち(同校提供)
優勝杯をつかんだ星槎国際湘南の選手たち(同校提供)

 創部5年目の神奈川県の新星が、全国の頂点に輝いた。1月3日から13日まで兵庫県で開催された第27回全日本高校女子サッカー選手権大会で、星槎国際高校湘南=大磯町国府本郷=が初優勝を成し遂げた。

 32校が出場した同大会は13日に決勝が行われた。星槎国際湘南は、大会最多5回の優勝経験がある常盤木学園=宮城県=と対戦。前半に星槎DFの黒柳智世選手(2年)がフリーキックを直接決めて先制点を奪った。後半終盤、昨夏のインターハイ優勝に続く全国制覇を目指す常盤木学園の猛攻に遭ったが、星槎国際湘南がゴールを守り抜き1対0で勝利。初めての全国優勝を飾った。

 「(相手守備が作る)『壁を気にするな』というコーチの言葉に後押しされ、チャンスで1発を狙うことができた」。黒柳選手は決勝点を挙げた場面を振り返り、「全国の舞台での経験を次の1年間に生かす。積極的な声かけや体を張った守備で、チームを後方から支えていきたい」と話す。

「一戦突破」積み重ねる

 2014年の創部ながらも、星槎国際湘南は冬の選手権大会に5年連続出場。初出場でベスト16になったが、昨年までの3年間はいずれも1回戦で姿を消していた。それだけに今大会では「初戦突破」を目標に挑んだ。

 1回戦で大商学園=大阪府=を4対1で破ると、次なる目標を「一戦突破」に据えた。「目の前の試合に全てをかけてプレーすることに全員が集中した」と渋谷巴菜キャプテン(DF・3年)。決勝も一つの試合として「勝ち」を意識し、「現地や地元などからのたくさんの応援も力になった。仲間を信じて最後に結果を出すことができた」と優勝の喜びをかみしめる。

 「気持ちで押し込んだ」と語るのは、筑陽学園=福岡県=との2回戦で1ゴールを決めた武莉子選手(DF・1年)。一色小学校1年のときにFC二宮でサッカーを始め、二宮中学時代はOSAレイアFCに所属。「決勝のピッチにも立たせてもらえた経験は財産になる。一方で、判断ミスやパスでの反省点もあった。芸術的なパスなどの星槎のサッカーを基本からやり直さなければ」と気持ちを引き締めた。

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

2度目の緊急事態宣言

2度目の緊急事態宣言 政治

3町の対応は

1月15日号

ワクチン接種へ担当部署

ワクチン接種へ担当部署 社会

高齢者3月にも 二宮町が準備

1月15日号

3町で673人が門出

3町で673人が門出 社会

コロナ下の成人式

1月8日号

町指定有形文化財に

旧ホテル滄浪閣ホール棟

町指定有形文化財に 文化

大磯の戦後史を物語る

1月8日号

新時代の舵取りは

新春町長インタビュー

新時代の舵取りは 政治

2021年の大磯・二宮・中井

1月1日号

水の恵み明快に描く

一色小生井さん

水の恵み明快に描く 教育

県水道コンクール教育長賞

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    大磯歴史語り

    〈財閥編〉第9回「岩崎久弥」文・武井久江

    1月8日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク