大磯・二宮・中井版 掲載号:2019年4月12日号 エリアトップへ

明治150年記念連載 大磯歴史語り 第20回「寺内正毅【3】」文・武井久江

掲載号:2019年4月12日号

  • LINE
  • hatena
大磯別邸の門
大磯別邸の門

 ビリケン像ですが、明治41年(1908)アメリカの女流芸術家・フローレンス・プリッツが夢で見た神様の姿を刻んだ像と言われていますが、当時の大統領・ウイリアム・ハワード・タフトのウイリアムの愛称「ビリー」に、小さいを表す接尾語「―ken」を加えたのが名前の由来とされています。幸福の神様と言われるビリケン像は、寺内が陸軍大臣の時に日本に伝わって広まりました。とんがり頭と吊り上がった目が寺内に似ていることから「ビリケン宰相」のあだ名が付きました。実はここには政治的な意味合いが込められています。

 護憲運動(大正時代に発生した立憲政治を擁護する運動)のあと、政党内閣が期待されたにもかかわらず、寺内内閣には政党員の入閣がありませんでした。「非立憲的な宰相」このひーりつけんの響きがビリケンと似ていると、批判の意味も入って呼ばれました。寺内内閣は大正5年(1916)10月9日、大隈内閣の総辞職から1週間足らずで成立しました。その内閣は、最後の超然内閣(政党に左右されない、藩閥内閣)の意味を持つ内閣でしたが、寺内が首相になる少し前から第一次世界大戦中でもあり、物価が急に上がり、わずか4年の間に、2倍以上になっていました。こうした状況の中で、政党の反対を無視してシベリア出兵の強行、軍備の拡張、増税を行ったため、人々から独断で政治をするという「非立憲」と言われたのです。その結果、寺内内閣の退陣理由は、日本各地で起こった米騒動の政治責任を取ったとされていますが、実は自身の肺癌が大きな要因でした。大正6年に召集された通常議会の時は、神奈川県大磯の別邸で静養を余儀なくされました。大正7年4月に「病躯劇職にたえず」と山縣に辞意を伝えるも、「一身既に君国に捧ぐ。斃(たお)れてのち已むべきのみ」と留意され、病状はますます進行、米騒動の鎮圧を待って辞任。厳しい選択の結果、残念なことに約1年後の11月3日、大磯で死去。葬儀は、東京芝の増上寺で営まれました。次回は、加藤高明です。(敬称略)
 

大磯・二宮・中井版のコラム最新6

大磯歴史語り

明治150年記念連載

大磯歴史語り

第31回「原敬【6】」文・武井久江

10月11日号

大磯歴史語り

明治150年記念連載

大磯歴史語り

第30回「原敬【5】」文・武井久江

9月27日号

大磯歴史語り

明治150年記念連載

大磯歴史語り

第29回「原敬【4】」文・武井久江

9月13日号

大磯歴史語り

明治150年記念連載

大磯歴史語り

第28回「原敬【3】」文・武井久江

8月23日号

大磯歴史語り

明治150年記念連載

大磯歴史語り

第27回「原敬【2】」文・武井久江

8月9日号

大磯歴史語り

明治150年記念連載

大磯歴史語り

第26回「原敬【1】」文・武井久江

7月26日号

大磯歴史語り

明治150年記念連載

大磯歴史語り

第25回「加藤高明【5】」文・武井久江

7月12日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

物産店や芸能、フリマなど

物産店や芸能、フリマなど

20日に美・緑なかいフェス

10月20日~10月20日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第31回「原敬【6】」文・武井久江

    10月11日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第30回「原敬【5】」文・武井久江

    9月27日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第29回「原敬【4】」文・武井久江

    9月13日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク