大磯・二宮・中井版 掲載号:2019年7月5日号 エリアトップへ

照ヶ崎海岸 250人が海上遠泳 ラフウォータースイム

スポーツ

掲載号:2019年7月5日号

  • LINE
  • hatena
▲波をかき分けて泳ぐ参加者
▲波をかき分けて泳ぐ参加者

 海を舞台にした遠泳競技大会「ラフウォータースイム・ジャパンシリーズ」の大磯大会が、6月29日に照ヶ崎海岸で開催された。大会には町内外から約250人がエントリーし、10代から80代まで幅広い年齢層のスイマーたちがしぶきを上げて大海原に挑んだ。

 通常は遊泳禁止の照ヶ崎海岸を特別開放して行われている大磯大会。昨年は荒天で中止となり、2年ぶりの開催だった。当日は招待選手として、アテネ五輪のマウンテンバイク競技日本代表でトライアスロンでも活躍している竹谷賢二選手も参加。3Kmと1・5Km、800mの個人競技、800m×3人のリレー種目が行われた。

大磯の海を満喫

 大会冒頭に注意事項などの説明があり、主催者のパワースポーツ=鎌倉市=は「今日の海はうねりがあり、まさにラフウォーター。事故の無いように自分のペースを守りながら泳いで、大磯ならではの海を楽しんで」と参加者に呼びかけた。

 3Kmの部では約120人の参加者がスタートと同時に浜辺から海へと駆け込んだ。波をかき分けて1週1・5Kmのコースを周回すると、息を切らせながらも笑顔でゴール。優勝したジムトレーナーの富内檀さん(25)=東京都=は「真っ直ぐに泳ぎ続ける難しさもあったが、優勝できてうれしい。昨年もエントリーしていたので1年待った甲斐があった」と喜びを語った。

▲3Kmの部で優勝した富内さん
▲3Kmの部で優勝した富内さん

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6

地元素材でおもてなし

大磯プリンスホテル

地元素材でおもてなし 経済

和食処「海山」がオープン

7月19日号

大磯で日本文化を満喫

米国ラシン市の高校生

大磯で日本文化を満喫 教育

7月19日号

エリトリア給食で国際交流

大磯小学校

エリトリア給食で国際交流 教育

6年生児童と星槎の留学生

7月19日号

親子ふれあい流しそうめん

親子ふれあい流しそうめん 文化

二宮めぐみ幼稚園の行事

7月19日号

蓮尾さんマラウイへ

蓮尾さんマラウイへ 社会

コンピュータの技術指導

7月19日号

防災毛布120枚寄贈

防災毛布120枚寄贈 社会

中井町の企業から町へ

7月19日号

静かなる水辺の風景

静かなる水辺の風景 文化

大磯の渡辺弘文さん初個展

7月19日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

自生ヤマユリ公開

自生ヤマユリ公開

二宮 一色小で講演会も

7月20日~7月23日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第25回「加藤高明【5】」文・武井久江

    7月12日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク