大磯・二宮・中井版 掲載号:2019年7月12日号 エリアトップへ

「心は生きている」 認知症介護の三橋さん講演

社会

掲載号:2019年7月12日号

  • LINE
  • hatena
介護経験を語る三橋さん
介護経験を語る三橋さん

 厚生労働省によると、団塊の世代が75歳以上となる2025年には高齢者の約5人に1人が認知症患者になるといわれる。

 認知症のケアについて理解を深めるための講演会が、二宮町民センターで6月29日に行われた。公益財団法人認知症の人と家族の会神奈川県支部世話人の三橋良博さんが講師を務め、若年性認知症の妻を10年以上介護している経験を語った。

 三橋さんの妻・芳枝さんは、52歳のときに若年性アルツハイマー型認知症の中期と診断された。「実はほっとした。ようやく敵が見えて、妻と一緒にこの病気と闘っていこうと思った」と三橋さん。それまでの約8年間、パニック障害やうつ病と診断され、病院をいくつも訪ねていたからだ。

「脳の5%が委縮するが残りの95%は正常。認知症は恥ずかしい病気ではなく、誤解と偏見をなくしてほしい」。三橋さんは近所の人たちに芳枝さんが認知症であることを公表。すると、妻を介護する三橋さんの身体のことを気遣ってくれる人も現れ、たくさんの人に助けられたという。

 53歳で要支援と認定された芳枝さんの認知症は進行。記憶障害や暴言、暴力、徘徊などの症状が出た。高速道路の路側帯を歩き、踏切に入って電車を止めてしまったときは警察から連絡が来た。「一人で介護を背負い過ぎだ」「奥さんの命を守ることが一番大事」。市役所の職員やヘルパー、病院、家族の会などからアドバイスと協力を得て、三橋さんは芳枝さんを専門病院へ入院させた。「多職種による連携の輪が私の周りにできていたことは、ありがたかった」

 「認知症の人は何も分からないのではない。優しい対応をすれば鏡のように笑顔を返してくれる。忘れても心は生きている」と三橋さん。要介護5で寝たきりの芳枝さんを毎日訪ね、口腔ケアやマッサージを施す。「生きていてほしい。それがこれまでの人生から導き出した答え」と語った。
 

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6

大川美佐さん国体で準優勝

大川美佐さん国体で準優勝 スポーツ

テニス少年女子 県代表

10月18日号

公式戦規格へ競技場一新

公式戦規格へ競技場一新 教育

星槎湘南スタジアム

10月18日号

遊牧民の伝統織物

遊牧民の伝統織物 社会

キリム、ギャッベ展

10月18日号

小松亮太さんら出演

タウンニュース社主催

小松亮太さんら出演 文化

タンゴスペシャルコンサート

10月18日号

恒例の秋まつり

恒例の秋まつり 社会

たすけあいワーカーズ大空

10月18日号

海藻で遊ぼう

町長動向

大磯・二宮・中井

町長動向 政治

10月18日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

物産店や芸能、フリマなど

物産店や芸能、フリマなど

20日に美・緑なかいフェス

10月20日~10月20日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第31回「原敬【6】」文・武井久江

    10月11日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第30回「原敬【5】」文・武井久江

    9月27日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第29回「原敬【4】」文・武井久江

    9月13日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク