大磯・二宮・中井版 掲載号:2019年8月9日号 エリアトップへ

明治150年記念連載 大磯歴史語り 第27回「原敬【2】」文・武井久江

掲載号:2019年8月9日号

  • LINE
  • hatena

 原は、旧藩主の南部利恭(としゆき)が設立した「共慣義塾」へ入学するために15歳で東京に出ます。勉学に励んでいる時に、実家に泥棒が入り母親からの送金が途絶え、やむなく退学します。生活を続けるために、原は学僕(住み込みで働く学生の事)の口を見つけ何とか生活を続けました。そして、明治5年(1872)東京麹町にあったマリン神学校に入学します。でも、キリスト教への信仰というよりは、学費や食費が無料だったことが入学の理由でした。マリン神学校で1年半学び、この間に洗礼も受け「ダビデ・ハラ」になり、明治7年(1874)フランス人宣教師・エブラルの学僕として、約1年新潟に滞在します。後に外交官になるときに役にたった、フランス語も学びました。翌年の明治8年、維新の時に政府に没収された原家の私有地が返還されることになり、学費のめどがついたことから、東京での受験を決心します。これを機に原は実家から分家することにしました。当時は、士族の子でも家督を継がない場合は平民となるため、この時から生涯原は「平民」を貫くことになります。

 そして、近代政治史のバイブルと言われた「原敬日記」がこの年、明治8年4月14日から亡くなる大正10年(1921)11月4日(実際は10月の末までで、4日まではメモ書きで残っています)までの46年間書き溜められました。「和綴罫紙帖」83冊に及ぶ「原敬日記」は、没後29年間は公開ならずの遺言を守り、現在は原敬記念館に木箱に入れられ展示されています。コピーは、その場で見ることができます。この日記は、後に吉田茂が、「総理大臣必読の書」と述べています。原は、この日記を携え苦学した後に、司法省法学校(現・東京大学法学部)を受験します。結果、合格者104名中、2番の成績で入学します。順調にみえた学生生活でしたが、思わぬことで原は退学となります。明治12年(1879)寄宿舎での「賄征伐」に関与して、2年半で中退することになり、後に中江兆民塾に学びます。では、次回。(敬称略)
 

原敬記念館にある石碑
原敬記念館にある石碑

大磯・二宮・中井版のコラム最新6

大磯歴史語り

明治150年記念連載

大磯歴史語り

第31回「原敬【6】」文・武井久江

10月11日号

大磯歴史語り

明治150年記念連載

大磯歴史語り

第30回「原敬【5】」文・武井久江

9月27日号

大磯歴史語り

明治150年記念連載

大磯歴史語り

第29回「原敬【4】」文・武井久江

9月13日号

大磯歴史語り

明治150年記念連載

大磯歴史語り

第28回「原敬【3】」文・武井久江

8月23日号

大磯歴史語り

明治150年記念連載

大磯歴史語り

第26回「原敬【1】」文・武井久江

7月26日号

大磯歴史語り

明治150年記念連載

大磯歴史語り

第25回「加藤高明【5】」文・武井久江

7月12日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「仮装と文化 楽しんで」

「仮装と文化 楽しんで」

26日 二宮でハロウィン

10月26日~10月26日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第31回「原敬【6】」文・武井久江

    10月11日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第30回「原敬【5】」文・武井久江

    9月27日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第29回「原敬【4】」文・武井久江

    9月13日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク