大磯・二宮・中井版 掲載号:2019年8月23日号 エリアトップへ

インターハイテニス ダブルスで準優勝 大磯出身の大川美佐さん

スポーツ

掲載号:2019年8月23日号

  • LINE
  • hatena
メダルを手にする大川さん
メダルを手にする大川さん

 高校生日本一を決める全国高等学校総合体育大会(インターハイ)のテニス競技が8月1日から8日まで宮崎県で開催され、大磯町出身の大川美佐さん(法政第二高3年)が女子個人ダブルスで準優勝に輝き、高校生活最後の大舞台を締めくくった。

 国府小、国府中出身の大川さんは現在、横浜市在住。創部4年目になる同校テニス部で部長を務め、7歳から通う大磯テニスアカデミーでも毎週の練習に励んできた。

 5月に行われた神奈川県予選に出場した大川さんはシングルスで1位、ダブルスで2位の成績を収めて県代表の座を獲得。基礎練習を徹底してプレーの安定を図り、猛暑の九州で行われる大会を想定して毎日走り込みをして心身を鍛えたという。また昨年秋からダブルスペアを組む毛呂彩音さん(同校2年)とも日々の練習の中で互いの得手・不得手を理解し、支え合えるコンビネーションを向上させてきた。

熱戦に「出し切った」

 インターハイのダブルスでは、初戦から全国優勝経験をもつペアとの対戦となったが「却って気合が入った」と逆境をはねのけ完勝。勢いに乗った2人は、その後も抜群のコンビネーションで勝ち上がった。しかし強豪・愛知啓成高と対戦した決勝では、序盤から点差をつけられる厳しい展開に。「冷静でつかみどころがない相手。そして上手い。何をしかけても通用しなかった」と当時の心境を語る。途中から「相手に合わせるのではなく、自分たちのプレーをしよう」と毛呂さんと作戦を立て直して点差を縮めたが、今一歩及ばずに敗退した。またシングルスでは初戦から快勝を重ねたが、4回戦で今大会の準優勝選手と対戦し長時間のシーソーゲームの末、惜敗した。「目標にしていた優勝を逃したことに悔しい気持ちはあるが、出し切った感があり、悔いはない。笑顔で終わることができた」と熱戦を繰り広げた大会を振り返る。

 高校3年間の集大成の大会を終え「後輩たちには、ぜひ全国制覇を目指してほしい」とエールを送る大川さん。自らの今後の目標を「大学に進学してインターカレッジに出場、将来はプロを目指したい」と力強く語った。

 テニスを始めた頃から指導してきた小野峰樹コーチは「初めはなかなか勝てず辛い時期もあったが、明るい性格ですぐに切り替えて夢中で練習しているうちに全国上位に入る選手に成長した。今後は新たなステージで、あと一歩を追いかけて頑張ってほしい」と語った。
 

ペアを組んだ毛呂さん(左)
ペアを組んだ毛呂さん(左)

「困った」を「良かった」に

総合リフォーム工事・太陽光発電・外構・土木・プロパンガス販売及び水道など

<PR>

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

壁画アート 二宮に新風

壁画アート 二宮に新風 文化

地域活性へプロジェクト

1月28日号

堀文子が愛した大磯

堀文子が愛した大磯 文化

郷土資料館で初の展覧会

1月28日号

大河ゆかりの地 各所に

鎌倉殿の13人

大河ゆかりの地 各所に 文化

頼朝・政子・曽我兄弟ら

1月21日号

戦略推進の中井町に金賞

戦略推進の中井町に金賞 社会

シティプロモーション表彰

1月14日号

大磯市(いち) 2年ぶり復活

大磯市(いち) 2年ぶり復活 経済

ウィズコロナの手法模索

1月14日号

初のリニューアル

澤田美喜記念館

初のリニューアル 文化

生涯たどり功績伝える

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook