大磯・二宮・中井版 掲載号:2019年12月13日号 エリアトップへ

街道のまちで甘酒を 大磯産米で造る1本

経済

掲載号:2019年12月13日号

  • LINE
  • hatena
大磯町内で販売が始まった「大磯のあまざけ」
大磯町内で販売が始まった「大磯のあまざけ」

 大磯町で収穫された米を使った甘酒が誕生した。大磯町商工会商業部会が、地域資源を生かした商品開発に取り組む「大磯産業プロジェクト」の第1弾。1500本を12月11日から町内の取り扱い店舗で販売している。

 栄養価の高さから「飲む点滴」とも呼ばれブームが続く甘酒。販売が始まった「大磯のあまざけ」は、同町生沢・寺坂地区の田んぼで今秋に収穫されたキヌヒカリを原材料に、大分県の蔵元で製造された。米と米麹のみを使用し、砂糖や添加物を含まない昔ながらの製法で造られた甘酒は、米の甘さやツブ感がありながらスッキリとした後味が特徴。ブドウ糖やビタミンなどを豊富に含み、酒粕由来の甘酒と違いアルコールを含まないため子どもや妊婦でも安心して飲める。「甘酒は冬に飲むものというイメージがあるが、江戸時代には庶民の手軽な栄養補給として主に夏に親しまれていた。また旅人も茶屋で甘酒を飲んでおり、東海道の宿場町だった大磯で甘酒が販売できるのは運命的」と蔵元。

 ラベルデザインは、町内在住のイラストレーター・たかしまてつをさんが担当した。緑と黄金色の稲穂で米を象り、大磯の山や海などのイメージを盛り込んだ。「幅広い世代に日常的に飲んでもらえればとカジュアルな色使いを意識した。自分も甘酒が好きなので、楽しんでデザインできました」とたかしまさん。

地域資源をPR

 来年度の開業を目指して整備が進む大磯港みなとオアシスをきっかけに、地元の資源を活用した商品開発と6次産業化、全国への発信などを目標に始動した同プロジェクト。今回は、昔から作られているが町外にあまり知られていない大磯産米に着目し、健康増進など社会に寄与できる意義などを踏まえて甘酒の商品開発を企画した。町内の米店「戸塚正商店」が農家から大磯産米を集め、全国でも数少ない甘酒製造の専用工場を持つ「ぶんご銘醸株式会社」が製造を請け負った。プロジェクトを主導した芦川酒店の芦川博昭さんは「地元の甘酒をほっこりと楽しんで、皆さんが健康になってもらえれば」と話している。

 大磯町内のポスター掲示店舗で、1本(500ミリリットル)667円+税で販売。問い合わせは芦川酒店【電話】0463・61・0411へ。

関係者が集ったお披露目会
関係者が集ったお披露目会

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

津波避難体制の強化へ

大磯町二宮町

津波避難体制の強化へ 社会

県警戒区域指定の見通し

1月22日号

石井・中山ぺア 全国へ

小学生ソフトテニス

石井・中山ぺア 全国へ スポーツ

大磯 幼なじみのダブルス

1月22日号

2度目の緊急事態宣言

2度目の緊急事態宣言 政治

3町の対応は

1月15日号

ワクチン接種へ担当部署

ワクチン接種へ担当部署 社会

高齢者3月にも 二宮町が準備

1月15日号

3町で673人が門出

3町で673人が門出 社会

コロナ下の成人式

1月8日号

町指定有形文化財に

旧ホテル滄浪閣ホール棟

町指定有形文化財に 文化

大磯の戦後史を物語る

1月8日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

菜の花 春を先取り

菜の花 春を先取り

二宮町の吾妻山で見ごろ

1月9日~2月7日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク