大磯・二宮・中井版 掲載号:2020年2月7日号 エリアトップへ

蘇峰愛用のはんこ展 二宮の徳富蘇峰記念館

文化

掲載号:2020年2月7日号

  • LINE
  • hatena
蘆野楠山が彫った印章(上)と様々な装飾を施した印章(下)
蘆野楠山が彫った印章(上)と様々な装飾を施した印章(下)

 二宮町の徳富蘇峰記念館で特別展「徳富蘇峰愛用の印章コレクション」展が開かれている。明治から昭和にかけて活躍した言論人の蘇峰が使用した約500顆もの印章から、選りすぐりの123顆を展示。

 書画の落款として押す姓名印や雅号印をはじめ、風流な言葉などを刻んだ関防印、蔵書印や住所印ほか木材や石、陶器、動物の角など材質も多種多様。96歳の祝いに彫られた水晶印は、95歳で生涯を閉じた蘇峰が押すことがなかったという。篆刻を発展させた山田寒山や紙幣の日本銀行総裁印を手掛けた益田香遠ら篆刻家にもスポットを当て、印章の制作工程や印種もパネルで紹介。12月25日(金)まで。

 学芸員の塩崎信彦さんは「名だたる篆刻家が蘇峰をはんこで表現した。遊び心を備えた蘇峰の文人としての一面を感じてもらえれば」と話す。

 午前10時から午後4時まで。入館料一般500円、大学生・高校生400円。月曜日休館。問い合わせは同館【電話】0463・71・0266。

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6

大磯史の魅力伝える

語り部 武井久江さん

大磯史の魅力伝える 文化

日本脳ドック学会総会で文化講演

7月1日号

玉ねぎ収穫に歓声

玉ねぎ収穫に歓声 教育

一色小児童が農業学習

7月1日号

12月末完成の予定

高波対策 2mのかさ上げ 西湘バイパスパーキングエリア

12月末完成の予定 社会

7月1日号

『僕耳』映画を上映

ハンドサイン

『僕耳』映画を上映 文化

7月10日 500人招待

7月1日号

木目と風景で創る調和美

木目と風景で創る調和美 文化

大磯町在住の浅田順子さん

7月1日号

まちかど事件簿

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook