大磯・二宮・中井版 掲載号:2020年2月7日号 エリアトップへ

大磯駅前洋館(旧木下家別邸) 初の大規模修繕 地元建設会社が施工

文化

掲載号:2020年2月7日号

  • LINE
  • hatena
足場幕が張られた大磯駅前洋館
足場幕が張られた大磯駅前洋館

 大磯駅前洋館(旧木下家別邸)の改修工事が、1月中旬から始まった。2011年の耐震改修工事以来、初めての大規模修繕となる。築108年の歴史ある建造物が、地元建設業者の手でよみがえる。

 洋館は貿易商だった木下建平が大正元年(1912年)に建てた別荘。ツーバイフォー工法としては国内で最も古い時代の建築物とみられ、国登録有形文化財に登録されている。2010年度に町が民間事業者から取得し、活用事業者を公募。13年度から、選定事業者のインターナショナル青和がレストラン「大磯迎賓舘」として営業する。

 町はこれまでも小規模修繕を行いながら維持管理をしてきたが、利活用開始から10年を目前に建物の傷みが目立つようになったことから大規模修繕を決めた。主に屋根や外壁、木製建具の再塗装と劣化部の補修を行う。

 施工を担当する株式会社大創建設(大磯町生沢)は、これまでも同館のダイニング扉などの小修繕を行ってきた。瀬戸亨一社長は「歴史ある建物を次世代につなぐための大役。責任をもって、大切に修繕に努めていきたい」と語り、その思いを足場幕のメッセージにも込めた。

町の財産 みんなで守る

 古い構造の建物だけに改修も容易ではない。同館の特徴の一つである外壁の「南京下見板張」や玄関部分の丸みを帯びた形状など「現在ではあまり使われていない建材で修復するには職人が一枚一枚、手加工をする必要がある」という。

 大磯迎賓舘の担当者は「大磯の大切な財産を地元業者の手で修復してもらえることは素晴らしい。大磯には歴史的建造物を保全するための基金もあり、みんなの力で守っているのだと感じている」と話した。工事は3月9日まで。なおレストランは工事中も通常通りに営業している。

瀬戸社長と修復中の南京下見板張
瀬戸社長と修復中の南京下見板張

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

大磯の左義長 初の中止に

大磯の左義長 初の中止に 文化

400年続く伝統の火祭り

9月18日号

大磯港新施設 愛称が決定

大磯港新施設 愛称が決定 経済

人や街中をつなぐ観光拠点

9月18日号

修学旅行延期実施へ

町立学校

修学旅行延期実施へ 教育

二宮西中は10月に関西

9月11日号

大豆発酵食品で貧困支援

大豆発酵食品で貧困支援 経済

大磯から日本伝統食を発信

9月11日号

町有形文化財に指定

旧大隈邸・陸奥別邸跡

町有形文化財に指定 文化

明治記念大磯邸園公開に向け

9月4日号

水源林と農の関係探る

水源林と農の関係探る 社会

吾妻山周辺の空撮映像紹介

9月4日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

大磯暮らしの魅力語る

大磯暮らしの魅力語る

27日にオンライン討論会

9月27日~9月27日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載 〈財閥編〉

    大磯歴史語り

    第1回「岩崎弥之助」 文・武井久江

    9月11日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月18日号

お問い合わせ

外部リンク