大磯・二宮・中井版 掲載号:2020年2月28日号 エリアトップへ

日本空手協会相州二宮支部 つかめ 日本代表 選考会に3選手が挑戦

スポーツ

掲載号:2020年2月28日号

  • LINE
  • hatena
選考会に挑む、左から倉品さん、タンポス君、原師範
選考会に挑む、左から倉品さん、タンポス君、原師範

 日本空手協会相州二宮支部のタンポス悠人君(鎌倉市立七里ガ浜小5年)、倉品こころさん(茅ヶ崎市立萩園中2年)、原伸定師範(49)が、10月に開催される「船越義珍杯 第15回世界空手道選手権大会」の出場権をかけた選考会に挑み、日本代表入りを目指す。

 同杯は公益社団法人日本空手協会の主催で、3年に1度開催されている空手の世界大会。世界各国から集う選手が年代性別などの部門別に分かれ、形と組手の正確さや力強さなどを競い合う。3人は昨年の全国大会や関東大会での活躍を評価され、3月に実施される選考会への参加資格を得た。日本代表は各部門ごとに4人(うち補欠2人)が選ばれる。

それぞれの想い

 タンポス君は3年前の世界大会で3位入賞の実力者。今回も「小学6年生男子形の部」で2度目の大会出場を目指す。得意の形は、1本足立ちで四方に蹴りを放つ「岩鶴」。高難易度の形で、同年代でもこなせる選手は少ない。懸念材料は全治2カ月と診断された膝の怪我だ。「リハビリを続けて早く治したい」。自宅でも椅子に座りながら形の復習をするなど、決してあきらめず「今は選考会を突破することだけを考えている」とまっすぐに目標を見据える。

 昨年11月の関東大会で優勝した倉品さんは、選考会には初参加。空いた時間があれば自主練習に取り組むひたむきさで「中学3年生女子形の部」の代表入りを狙う。持ち前の筋持久力の高さを生かし、体力や集中力が求められる長い形「五十四歩小」を得意とする。「代表の4人に入って、自分を支えてくれている色々な人に恩返しをしたい」と意気込む。

 50歳形の部と組手の部で選考会に挑む原師範も初参加。「指導に専念ししばらく大会に出ていなかったが、これまで自分がやってきた空手と向き合う良い機会。結果以上に内容にこだわり、この経験を今後の指導に役立てたい」と思いを語る。一緒に選考会に挑む2人については「真面目な悠人はオーバーワークに注意、こころは考えすぎず肩の力を抜いて挑めばもっとポテンシャルを引き出せる。道場でも世代を代表する2人なので、ぜひベストを尽くして世界の大舞台に立ってほしい」とエールを送った。

 世界大会は10月に群馬県高崎アリーナで開催。

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

安全な地域づくりに貢献

安全な地域づくりに貢献 社会

防犯功労の5個人・3団体

10月23日号

「大磯マコモ」お墨付き

「大磯マコモ」お墨付き 経済

県のブランド品に登録

10月23日号

小倉美乃さん全国へ

小倉美乃さん全国へ 社会

高校生英語弁論大会に出場

10月16日号

ほのかな香り楽しんで

大磯町商工会女性部

ほのかな香り楽しんで 経済

摘果ミカンで柔軟剤開発

10月16日号

ホテル跡地1億円購入へ

ホテル跡地1億円購入へ 政治

二宮町「営業阻止・将来に活用」

10月9日号

相互理解の大切さ伝える

二宮高校

相互理解の大切さ伝える 教育

西川悟平氏が出前講座

10月9日号

住宅型有料老人ホーム

大磯町大磯に2019年1月オープン「アスカ大磯」ご入居見学随時開催中です

https://www.asuka-care.jp/facility/index/4

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

内なる風景 土に写す

内なる風景 土に写す

泉田之也さん陶芸展

10月23日~11月6日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク