大磯・二宮・中井版 掲載号:2020年7月17日号 エリアトップへ

二宮町 避難所へ間仕切り・授乳室 感染対策加え防災協定

社会

掲載号:2020年7月17日号

  • LINE
  • hatena
段ボール製の間仕切り(写真右上)と授乳室(上)
段ボール製の間仕切り(写真右上)と授乳室(上)

 風水害や大規模地震などに備えて避難所での感染症対策も求められるなか、二宮町は民間企業と災害時の供給物資に関する協定を7月8日に締結した。避難所を開設する際に組み立て式の間仕切りや授乳室を設ける。

 厚木市に本社工場を置く段ボール製品の製造販売・タイヨー株式会社(内野貢代表取締役社長)と連携。感染予防や避難所生活でのプライバシー確保を図るため、段ボール製の間仕切り70組560枚を購入した。災害発生時には町が必要に応じて同社へ供給を依頼する。間仕切りを8枚つなぎ合わせると、囲いの面積は4平方メートル。避難してきた各世帯の人数に応じて枚数と広さを調整する。

 授乳室は、村田邦子町長が女性の視点から導入を提案した。5分程度で組み立てが可能で、出入り口はカーテンで閉じる。7カ所の避難所に用意し、更衣室としての利用も想定している。

 町役場で締結式が行われ、村田町長は「新型コロナウイルスの影響で飛沫感染の防止は近々の課題となっている。いざという時に備えるため協力をお願いしたい」とあいさつ。同社の西川武次郎取締役副社長は「わが社の役割をしっかり果たしていきたい」と話した。

医薬品など調達も

 9日には平塚中郡薬剤師会、ラーメン製造のAFURI株式会社=厚木市=と防災協定を締結。災害時、町は同会から医薬品提供や救護所への薬剤師派遣を受ける。4月に、自社で生成した除菌用の次亜塩素酸水を町へ無償提供したAFURIからは、避難所で使用する次亜塩素酸水やカップ麺を供給してもらう。

 また、隣接する中井町にホームセンターが開店したことを機に、NPO法人コメリ災害対策センターとも6月に協定を結んだ。店舗からヘルメットや土のう、日用品などを調達する。

村田町長(左)と西川副社長
村田町長(左)と西川副社長

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

実父からの書簡を初公開

吉田茂没後54年

実父からの書簡を初公開 文化

旧邸と郷土資料館で企画展

10月22日号

役場庁舎の浸水防ぐ

中井町

役場庁舎の浸水防ぐ 社会

防災力強化へ止水板設置

10月22日号

10年後の二宮町へ提言

10年後の二宮町へ提言 文化

町民・中学生ワークショップ

10月15日号

名産復活めざし初収穫

二宮町

名産復活めざし初収穫 社会

若手町民らが落花生栽培

10月15日号

一般会計決算を不認定

二宮町議会

一般会計決算を不認定 政治

東大跡地活用など問題視

10月8日号

木谷陽晴(ひばる)君が王者に

二宮中1年

木谷陽晴(ひばる)君が王者に スポーツ

キック アマ34kg級

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 日本を前に進める

    特別対談

    日本を前に進める

    河野太郎 前ワクチン接種担当・規制改革相×牧島かれん デジタル相

    10月15日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook