大磯・二宮・中井版 掲載号:2020年8月28日号 エリアトップへ

熱中症 3町で増加 猛暑で救急搬送 相次ぐ

社会

掲載号:2020年8月28日号

  • LINE
  • hatena

 日本中が記録的な猛暑に見舞われた今夏、大磯・二宮・中井町で8月23日までに熱中症で救急搬送された人の数は30人にのぼり、いずれも昨年同時期の数を上回った。各消防本部では引き続き対策を呼びかけている。

 大磯町消防本部によれば今夏、日中の最高気温が30度以上の「真夏日」は17日間、35度以上の「猛暑日」は2日間あり、中井町を管轄する小田原市消防本部の観測では真夏日が25日間、猛暑日が6日間あった。熱中症による救急搬送者数は大磯町で9人(前年は7人)、二宮町は13人(同7人)、中井町は8人(同5人)と、いずれも増加した。このうち中井町は半数、二宮町は全体の77%を高齢者が占めていた。いずれも死者や重傷者は出ていないが「高齢者は気温の上昇に鈍く、のどの渇きを感じにくいなど体温調節機能の低下が特徴として見られる。積極的なエアコンの使用、こまめな水分補給をして熱中症予防を心がけてもらいたい」(二宮町消防)と特に注意が必要だという。

 また「新型コロナウイルス感染症対策でマスクを着用している時間が多くなるが、マスクをしていると汗の蒸発が妨げられて体温調節ができず、脱水などを起こしやすくなる」(大磯町消防)など、「特別な夏」ならではの問題も出てきている。

体調の変化に用心

 熱中症は、めまいや顔のほてり、大量の発汗やこむらがえりなどが初期症状としてみられ、重度になると意識を失うこともある。今夏に救急搬送に至ったものには、屋外での作業中や作業後に発症したものだけでなく、入浴中や入浴後、昼寝中などに脱力感や吐き気を感じて倒れたケースもあった。小田原市消防本部では「依然として気温が高い日が続いているので、『受け答えが急におかしくなった』『けいれんを起こしている』など普段と違う症状があったら、迷わず119番通報をしてほしい」と話している。

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

スクールロイヤーを任用

大磯町

スクールロイヤーを任用 教育

いじめ対応などに法的助言

9月25日号

軍人宰相の一面伝える

徳富蘇峰記念館

軍人宰相の一面伝える 文化

東条英機のはんこ印影展示

9月25日号

大磯の左義長 初の中止に

大磯の左義長 初の中止に 文化

400年続く伝統の火祭り

9月18日号

大磯港新施設 愛称が決定

大磯港新施設 愛称が決定 経済

人や街中をつなぐ観光拠点

9月18日号

修学旅行延期実施へ

町立学校

修学旅行延期実施へ 教育

二宮西中は10月に関西

9月11日号

大豆発酵食品で貧困支援

大豆発酵食品で貧困支援 経済

大磯から日本伝統食を発信

9月11日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    大磯歴史語り

    〈財閥編〉第2回「岩崎弥之助(弥太郎)」 文・武井久江

    9月25日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月25日号

お問い合わせ

外部リンク