大磯・二宮・中井版 掲載号:2021年1月22日号 エリアトップへ

小学生ソフトテニス 石井・中山ぺア 全国へ 大磯 幼なじみのダブルス

スポーツ

掲載号:2021年1月22日号

  • LINE
  • hatena
全国大会に出場する中山君(左)と石井君
全国大会に出場する中山君(左)と石井君

 大磯ジュニアソフトテニスクラブ(小見勇会長)に通う石井翔太君(大磯小5年)・中山椋太君(同)ペアが、昨年末に横浜市内で開催された第20回全国小学生ソフトテニス大会の県代表決定大会で男子ダブルスの4位に入賞し、全国大会への出場権を手にした。

 同クラブに通う両親やきょうだいに連れられ、幼稚園の頃からコートに親しんでいた幼なじみの2人。小学1年生から本格的にテニスを始め、低学年の頃からペアを組んで数々の大会に挑んできた。同大会には昨年度も出場し県代表決定大会で優勝して全国出場が決まっていたが、新型コロナウイルスの影響で大会自体が中止となり悔しい思いをしていた。高学年となった今年度、全国の大舞台で実力を試す機会を再び2人で掴んだ。

2人の息合わせ

 昨年11月に行われた予選会の上位10組が参加した県代表決定大会。この日にむけて2人は、石井君の前衛力強化や中山君の苦手なバックハンドストロークの克服を中心に練習に取り組み、それぞれ自宅でも自主練に励んだ。大会では、前衛(石井君)と後衛(中山君)が、それぞれの役割をしっかりと果たすことに重点を置いた。ブロック別のリーグ戦を3勝1敗の2位で通過した石井・中山ペアは、3位決定戦で1ゲームを先取したものの対戦相手の粘り強いプレーや前衛の頭を抜くロブなどにペースを奪われ、積極的にボールを打ちにいき挽回を試みたが、一歩及ばなかった。

 3月下旬に千葉県で開催される全国大会にむけて2人は「昨年、全国大会が無くなった分も頑張る。攻めのプレーで優勝を目指したい」(石井君)、「目標は優勝。緩急をつけたプレーで相手の後衛に打ち負けないようにする」(中山君)とそれぞれの意気込みを語った。2人を指導する南登志子コーチは「勝ち負けだけにこだわらず、大会を通じて2人が人間的に成長し、今後も楽しくテニスを続けてくれれば」とエールを送る。

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

大磯産米100% 贅沢な一本

大磯産米100% 贅沢な一本 経済

「はるみ」使用の焼酎が誕生

2月26日号

防災などに重点

中井町当初予算案

防災などに重点 政治

一般会計40億円台 コロナ対策も

2月26日号

野菜市で生産者支援

コロナ禍

野菜市で生産者支援 経済

廃棄防ぎ地場産を再評価

2月19日号

新年度当初予算案を発表

大磯町二宮町

新年度当初予算案を発表 政治

3月定例会で審議

2月19日号

二宮町の若者団体に大賞

もりびとNOA

二宮町の若者団体に大賞 コミュニティ社会

SDGs視野に地域の環境再生

2月12日号

期間限定御朱印を頒布

六所神社

期間限定御朱印を頒布 文化

県重文の夫婦神像あしらう

2月12日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク