大磯・二宮・中井版 掲載号:2021年3月26日号 エリアトップへ

大磯町 空き家再生の人材を育成 事業運営や支援方法を習得

経済

掲載号:2021年3月26日号

  • LINE
  • hatena
参加者が街中を巡った
参加者が街中を巡った

 民間による空き家の活発な利活用を促進し、増加する空き家問題の解決につなげようと、大磯町で3月20日と21日に「空き家再生プロデューサー育成プログラム」が開かれた。町内外から約10人が参加してノウハウを学び、街中でフィールドワークも行った。

 空き家再生プロデューサーは、自身の知識やネットワークを生かして、空き家を活用した事業を起こしたい人のコンサルティングや空き家所有者とのマッチングなどのサポートを行う、または自身で事業を運営する人材。不動産や建築関連をはじめ、事業計画や資金調達、コミュニティづくりなど幅広い知識と経験が求められる。このプログラムは2日間の研修会を通じて、プロデューサー候補やプロジェクトリーダーの育成、空き家問題を一緒に解決する仲間を増やすことなどを目的に開かれた。大磯町、大磯地方創生事業推進コンソーシアム、国交省の採択事業として全国で同プログラムを運営する株式会社エンジョイワークス(鎌倉市)の主催。

 当日は大磯で空き家を活用したコレクティブハウスを始めたい人や遊休不動産の活用アイデアを求める人、空き家問題について学びたい人などが参加。同社の講義でプロジェクトの進め方や事業計画の立て方、資金調達の方法、建物をチェックする際のポイントなどについて学び、町内を巡って実際の空き家の活用事例も見学した。最終日には各自のプロジェクトについて今後の予定などを発表し合った。参加者は「今後事業を進めるにあたり、詳細なケーススタディができ、関係する人との出会いもあった」と研修の手応えを語った。

 なお、研修会場となった「大磯999オフィス」も空き家再生事例の一つ。大磯町立図書館近くのビルの2・3階部分が、同町初のサテライトオフィスとして3月22日から開業している。町担当課は「今後も民間事業者と連携して、空き家の活用を進めていきたい」と話している。

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

照ヶ崎にアオバト続々

照ヶ崎にアオバト続々 社会

国内最大級の飛来地

5月13日号

避難所情報も即時通知

避難所情報も即時通知 社会

二宮町が防災アプリ配信

5月13日号

街と人を物語でつなぐ

街と人を物語でつなぐ 文化

大磯で初のブックマルシェ

5月6日号

周遊観光の移動も楽しく

周遊観光の移動も楽しく 経済

二宮町でシェアサイクル

5月6日号

応援大使にシナモロール

中井町

応援大使にシナモロール 社会

地域の魅力アピールへ協力

4月29日号

郵便局と包括連携協定

大磯町

郵便局と包括連携協定 社会

災害時や地域見守りで

4月29日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook