大磯・二宮・中井版 掲載号:2021年4月30日号 エリアトップへ

大磯町 プラごみ削減 公共施設から 自販機からペットボトル排除

社会

掲載号:2021年4月30日号

  • LINE
  • hatena
ペットボトルが廃止された大磯町役場の自動販売機
ペットボトルが廃止された大磯町役場の自動販売機

 ごみの減量化・資源化に取り組む大磯町は、4月下旬より町内の公共施設に設置している飲料自動販売機からペットボトル商品の販売を廃止した。身近なところからプラスチックごみの削減に取り組むことで環境保全意識の高揚や、家庭ごみの削減などにつなげていきたい考え。

 ペットボトル飲料が排除された自動販売機は、町役場本庁舎をはじめとする14施設の計16台。これまでペットボトル飲料が陳列されていた棚に、缶飲料が並ぶようになった。町は「自動販売機16台分で目に見えるようなプラごみの削減効果は期待できないが、こうした取り組みを町が積極的に実践していくことで、町民の皆さんにも日常生活の中で環境保全の意識をもっていただけるようになり、プラごみを含むごみ全体の削減につながれば」と期待する。

発端はクジラの「メッセージ」

 マイクロプラスチックが世界中の海で確認されるなど海洋汚染が地球規模の社会問題となる中、2018年の夏に鎌倉市由比ヶ浜にシロナガスクジラの赤ちゃんの死骸が打ち上げられ、胃の中からプラスチックごみが発見されたことが大きな注目を集めた。これを「クジラからのメッセージ」と受け止めた神奈川県は、2030年までのできるだけ早期に、リサイクルされない捨てられるだけのプラごみを無くす「かながわプラごみゼロ宣言」を掲げ、大磯町を含む県内の市町村も賛同して、プラごみ削減の取り組みを進めている。

 その一環として公共施設の自販機からペットボトル商品を排除する動きも広がっており、大磯町でも町議会からペットボトルの廃止を求める意見が出ていたことから、環境保全とごみの減量化・資源化の観点から実施した。中崎久雄町長は「小さいことだが、このような取り組みを町民と一緒になって進めていくことで、大磯の魅力でもある先人が守り続けた豊かな自然を次世代に遺していきたい」と話している。

<PR>

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6

往年の名車が駆ける

往年の名車が駆ける 社会

SHCCミーティング

5月20日号

オブジェと器70点

オブジェと器70点 文化

大磯で和田吉美さん陶展

5月20日号

本が結ぶ出会い

本が結ぶ出会い 文化

大磯ブックマルシェ

5月20日号

木谷陽晴さん37kg級制覇

二宮中学校2年

木谷陽晴さん37kg級制覇 スポーツ

キックボクシング大会で

5月20日号

元プロがサッカー指導

元プロがサッカー指導 スポーツ

中井町でスポーツイベント

5月20日号

旧跡にバラ香る

旧跡にバラ香る 社会

明治記念邸園と旧吉田邸

5月20日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

元プロがサッカー指導

元プロがサッカー指導

中井町でスポーツイベント

6月5日~6月5日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook