大磯・二宮・中井版 掲載号:2021年10月22日号 エリアトップへ

中井町 役場庁舎の浸水防ぐ 防災力強化へ止水板設置

社会

掲載号:2021年10月22日号

  • LINE
  • hatena
工事完了後の検査で役場庁舎玄関に取り付けた止水板
工事完了後の検査で役場庁舎玄関に取り付けた止水板

 ハザードマップの浸水想定区域内にある役場庁舎を浸水被害から守るため、中井町は止水板を設置する工事を実施した。中村川の氾濫による洪水で浸水する恐れが生じた場合、玄関やボイラー室の外扉などに止水板を取り付ける。

 金具で固定し、着脱可能な止水板はアルミ製。高さ60cm。庁舎玄関のほか、北側の出入り口と職員通用口など7カ所に計8枚備えた。電気設備のボックスと地下にある灯油タンクは、周りを庁舎の壁面と合わせたレンガ風のコンクリート壁で囲み、開口部分をパネルで閉じて浸水を防げるようにした。庁舎は敷地から一段高く建てられていて、地面から止水板の上端までの高さは約75cmとなる。

 10月14日に工事完成後の検査があり、町職員と施工業者が全ての止水板を取り付けて不具合がないかなどを確認した。平時は止水板を別の場所で保管する。

 2017年の土砂災害防止法と水防法の改正に伴い、町は今年3月にハザードマップを更新。想定し得る最大規模の降雨で洪水が起きると予測したときの浸水区域と深さを表示した。中村川流域で24時間総雨量が想定最大の335mmに達した場合、役場の浸水深は50cm以下と想定されている。

 止水板の設置は「防災拠点となる役場庁舎で災害対応業務を継続して行えるようにする」(同町)ための防災体制強化の一環。今年度は地域防災計画の改定やハザードマップの多言語化、井ノ口小学校へのマンホールトイレ整備なども行う。

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

ハザードマップ多言語化

ハザードマップ多言語化 社会

中井町 外国人へ防災情報

11月26日号

新名物なるか「大磯早ずし」

新名物なるか「大磯早ずし」 経済

未利用食材を有効活用

11月26日号

交流食堂へピザ提供

交流食堂へピザ提供 社会

ピザーラが地域貢献

11月19日号

美郷町と地域活性化協定

大磯町

美郷町と地域活性化協定 経済

鳥獣害対策を機に連携

11月19日号

河川プラごみ 空から発見

河川プラごみ 空から発見 社会

不法投棄対策にドローン

11月12日号

2年ぶり 大地震想定訓練

大磯町

2年ぶり 大地震想定訓練 社会

ワクチン接種会場でも

11月12日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ブルボンヌさんが講演

ブルボンヌさんが講演

人権テーマに中井町で

12月4日~12月4日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook