大磯・二宮・中井版 掲載号:2021年12月3日号 エリアトップへ

大学テニス 55年ぶり日本一に貢献 大磯町出身 大川美佐さん

スポーツ

掲載号:2021年12月3日号

  • LINE
  • hatena
大学テニスでも活躍する大川さん
大学テニスでも活躍する大川さん

 大磯町立国府小学校・中学校出身の大川美佐さん(19・慶應義塾大2年)が、11月13日に愛媛県で決勝が行われた「2021年度全日本大学対抗テニス王座決定試合」に出場し、同大女子チームの55年ぶり・2回目の優勝に貢献した。

 団体戦で争われ、大学テニスの日本一を決める同大会。慶應大体育会庭球部に所属する大川さんは、主将で4年生の平田歩さんと関東大会から初めてダブルスのペアを組み、日本代表経験者など粒ぞろいの代表メンバーの中でチーム唯一の2年生として大舞台のコートに立った。インカレ女王の平田さんは大川さんにとって「ストイックな練習姿勢など見習うことが多く、入部した時から気にかけてくれた、優しくてあこがれの先輩」。この大会が大学テニス最後の試合となる「歩さん」に、何としても優勝杯を贈りたかった。

 大会で初戦からストレート勝ちを決めた慶應は、準決勝で関西大学と対戦。平田・大川ペアは序盤こそ苦戦したものの、対戦相手の分析とベンチコーチの的確なアドバイスでペースを取り戻して逆転勝利。他のメンバーも危なげなく勝利を収めて決勝へと駒を進めた。迎えた決勝では、春の早慶戦で同じメンバーで対戦して敗れた早稲田大学と再戦。1試合目に出場した平田・大川ペアは「まずは自分たちが勝利して、良い流れを作ろう」と気合を入れて先陣を切った。「歩さんは『楽しくやろうね』と言ってくれたけれど、勝利をプレゼントしたかったので、楽しみながらも集中して試合に臨んだ」という大川さん。2ゲーム先取で見事に勝利を収め、他のメンバーもその勢いに続いて、全勝で大学日本一の栄冠を手にした。「歩さんの圧倒的な安心感があり、のびのびとプレーができた」と振り返る大川さんは「楽しくて濃い大会だった。このメンバーで優勝できたことが何より嬉しい。来年以降も連覇していきたい」と力強く語った。

大磯から羽ばたく

 大川さんは7歳から大磯テニスアカデミーに通い、インターハイや国体にも出場。横浜に住み大学生となった今も月1回ほど大磯を訪れ、練習に参加している。今大会の2日後に行われた関東学生テニス選手権大会でも女子シングルスで3位に入賞、「冬のインカレ」とも呼ばれる全日本学生室内テニス選手権大会(12月5日に決勝)にも単複で出場し「優勝を目指す」と意気込む。大磯から羽ばたいた若きアスリートのさらなる活躍に期待したい。

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

大河ゆかりの地 各所に

鎌倉殿の13人

大河ゆかりの地 各所に 文化

頼朝・政子・曽我兄弟ら

1月21日号

戦略推進の中井町に金賞

戦略推進の中井町に金賞 社会

シティプロモーション表彰

1月14日号

大磯市(いち) 2年ぶり復活

大磯市(いち) 2年ぶり復活 経済

ウィズコロナの手法模索

1月14日号

3町632人の門出祝う

3町632人の門出祝う 社会

新成人実行委の企画も

1月7日号

初のリニューアル

澤田美喜記念館

初のリニューアル 文化

生涯たどり功績伝える

1月7日号

大磯の虎御前を訪ねる

大磯の虎御前を訪ねる 文化

ゆかりの地 延台寺など

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook