大磯・二宮・中井版 掲載号:2021年12月3日号 エリアトップへ

大磯小 「いそかぜ」全国3位に PTA広報紙コンクール

社会

掲載号:2021年12月3日号

  • LINE
  • hatena
令和2年度広報サポのメンバーと鈴木前PTA会長(右)
令和2年度広報サポのメンバーと鈴木前PTA会長(右)

 第43回全国小・中学校PTA広報紙コンクールの結果がこのほど発表され、大磯小学校PTA広報サポ(笹田美帆サポリーダー)が発行した昨年度の広報紙「いそかぜ」が、小学校の部で全国3位にあたる日本教育新聞社社長賞を受賞した。

 全国の小中学校で昨年度に発行されたPTA広報紙の中から優秀作品を選出した同コンクール。広報サポの笹田さん、亀倉弘美さん(今年度PTA会長)、山口洋子さん、前澤直子さんの4人で昨年度に3回発行した「いそかぜ」は、県のコンクールで最優秀賞に選ばれ県代表の1校として全国へ。全国3537校の応募の中からPTA広報紙としての目的や使命、記事の内容、編集方法、レイアウトなどを基準に審査が行われ、文部科学大臣賞と日本PTA全国協議会会長賞に次ぐ同賞の1校に選ばれた。

 11月19日に都内で表彰式が行われ、広報サポを代表して笹田さんが出席。笹田さんは「昨年度は大磯小PTAにとって大きな変化の1年でした。その年にこのような大きな賞を頂けたことは紙面だけでなく、磯小PTAの活動自体が評価されたのだと思います」と喜びを語った。

「思いを伝えたい」が原動力

 大磯小PTAは昨年度、鈴木一成会長(当時)らによる体制の刷新で、半強制ではなく保護者自身の意思で活動に参加するサポーター制度に変わった。さらにコロナ禍で休校や学校行事の中止・縮小などに見舞われた子どもたちのために「何かしたい」という保護者が増えたことでPTA活動全体が活発化。広報サポも「みんなの熱い思いや活動を多くの方に知らせたい」と奮起して、これまであまり取り上げてこなかったPTAの活動を積極的に紹介するとともに、校長とPTA会長の対談や子どもたちへのアンケート調査の結果、学校が導入を進めるコミュニティスクールの解説などの企画ページを増やした。

 広報サポは「改革を成し遂げた磯小PTAは、今年度も面白い試みにどんどんチャレンジしています。いそかぜもそのワクワクする活動を伝えるべく、一緒にワクワクしながら頑張ります」と意気込みを語った。

「困った」を「良かった」に

総合リフォーム工事・太陽光発電・外構・土木・プロパンガス販売及び水道など

<PR>

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

壁画アート 二宮に新風

壁画アート 二宮に新風 文化

地域活性へプロジェクト

1月28日号

堀文子が愛した大磯

堀文子が愛した大磯 文化

郷土資料館で初の展覧会

1月28日号

大河ゆかりの地 各所に

鎌倉殿の13人

大河ゆかりの地 各所に 文化

頼朝・政子・曽我兄弟ら

1月21日号

戦略推進の中井町に金賞

戦略推進の中井町に金賞 社会

シティプロモーション表彰

1月14日号

大磯市(いち) 2年ぶり復活

大磯市(いち) 2年ぶり復活 経済

ウィズコロナの手法模索

1月14日号

初のリニューアル

澤田美喜記念館

初のリニューアル 文化

生涯たどり功績伝える

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook