大磯・二宮・中井版 掲載号:2022年5月6日号 エリアトップへ

街と人を物語でつなぐ 大磯で初のブックマルシェ

文化

掲載号:2022年5月6日号

  • LINE
  • hatena
ポスターを手にする「いそぼん委員会」のメンバー
ポスターを手にする「いそぼん委員会」のメンバー

 本を通じて人と人、街なかの店舗などをつなぐイベント「OISO BOOK MARCHE」(大磯ブックマルシェ)が、5月14日(土)と15日(日)に大磯町で開催される。町内のカフェやギャラリーなど10カ所で、本と本にまつわるグッズの紹介や販売、ワークショップや店舗おすすめの本を読みながら飲食が楽しめるなど、街なかが『物語』であふれる。

 JR大磯駅近くの「つきやまBooks Arts & Crafts」をはじめ町内10カ所で、2日間延べ23組が出展。絵本や児童書、小説、詩集、自然科学や民俗学、映画パンフレットなど各出展者が選んだ幅広いジャンルの新本・古本の展示と販売、古本と美術作品のコラボ展、栞づくりのワークショップ、現役司書・本好きとの座談会などが行われる。「思い出に残るのは電子書籍より、やはり手に取った本の記憶。紙の本ならではの良さや文化を大切に残していきたい。街なかを巡って、参加した一人ひとりが自分の物語(=思い出)を作ってもらえれば」と主催者。

街なかに活気を

 イベントを運営するのは、地元で活動するグラフィックデザイナーや大学院生らでつくる「いそぼん委員会」(佐藤一樹委員長)。きっかけは9年前、小田原で始まった「小田原ブックマーケット」の立ち上げに協力した佐藤委員長が、イベントを通じて街なかに活気が広がる光景を目の当たりにして「いつか大磯でも」と構想を抱いた。その後、企画を温め続けていたが、自身のデザイン事務所が今年開業10周年を迎えることを機に一念発起。3月頃から知人やSNSなどを通じて参加者を募ったところ、20組を超える申し込みが寄せられたことで実現に至った。佐藤委員長は「『本のイベント』というと固いイメージがあるが、家族や友人とふらっと遊びに来て、好みの本や人と出会い、本と街が好きになるようなイベントになれば」と願っている。また今後も年1回の開催を構想しているという。

 会場マップや出展内容などの詳細は、公式ホームページ(https://oiso-book-marche.jimdosite.com/)、またはツイッター、インスタグラムで確認を。問い合わせは佐藤委員長【携帯電話】090・4068・0271へ。

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

補助対象に私道追加

二宮町

補助対象に私道追加 社会

通学路のブロック塀撤去

5月27日号

3年ぶり 関係者集う

赤タマネギ「湘南レッド」

3年ぶり 関係者集う 経済

初出荷に向け「目合わせ会」

5月27日号

龍神に豊漁を祈願

龍神に豊漁を祈願 文化

大磯港で伝承される例祭

5月20日号

3年ぶり復活 ファン歓喜

3年ぶり復活 ファン歓喜 社会

大磯白キス投釣大会

5月20日号

照ヶ崎にアオバト続々

照ヶ崎にアオバト続々 社会

国内最大級の飛来地

5月13日号

避難所情報も即時通知

避難所情報も即時通知 社会

二宮町が防災アプリ配信

5月13日号

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

元プロがサッカー指導

元プロがサッカー指導

中井町でスポーツイベント

6月5日~6月5日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook