大磯・二宮・中井版 掲載号:2022年6月17日号 エリアトップへ

「大きいの見つけた」 園児がジャガイモ収穫体験

教育

掲載号:2022年6月17日号

  • LINE
  • hatena
自分の手で掘り取ったジャガイモにご満悦の園児たち
自分の手で掘り取ったジャガイモにご満悦の園児たち

 大磯町生沢の畑で6月9日、国府保育園とたかとり幼稚園の年長園児44人がジャガイモの掘り取りを体験した。

 子どもたちに土に触れて野菜を収穫する経験をさせてあげたいと、皆川幸夫さん(80)らNPO法人ソーシャルファーム大磯・みつばち大磯(添田正直代表)からこの畑を借りているメンバー有志が企画。約110平方メートルの畑でメークイン、キタアカリ、男爵、とうやの4種類のジャガイモを育てて園児たちを招いた。

 以前は寺坂の畑で別の団体が実施していたが、コロナ禍で中止になったまま畑自体をやめてしまった。その話を耳にした皆川さんらが園に話を持ちかけたことで、この収穫体験が実現した。

秋の再会を約束

 畑を訪れた園児らは、皆川さんら有志メンバーのサポートを受けながら、順番にジャガイモ掘りに挑戦。束ねた茎を引っ張り、軍手を着けた手で土の中に隠れた芋を探すと「大きいの見つけた」「いっぱいある」と興奮気味に声を上げ、「家でカレーにしてもらう」と目を輝かせた。皆川さんは「喜んでもらえて嬉しい。初めは恐る恐る畑に入って来た園児が、いつの間にか芋掘りに夢中になっていた。子どもの頃の良い思い出になれば」と目を細めた。

 収穫体験終了後、皆川さんが「みんな頑張ったね。秋にはサツマイモを掘りましょう。またこの畑で待っています」と語りかけると、園児たちから歓声が上がった。

 この日に収穫した芋は園児が家庭に持ち帰ったほか、園の給食や食育などに活用するという。

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6

大磯史の魅力伝える

語り部 武井久江さん

大磯史の魅力伝える 文化

日本脳ドック学会総会で文化講演

7月1日号

玉ねぎ収穫に歓声

玉ねぎ収穫に歓声 教育

一色小児童が農業学習

7月1日号

12月末完成の予定

高波対策 2mのかさ上げ 西湘バイパスパーキングエリア

12月末完成の予定 社会

7月1日号

『僕耳』映画を上映

ハンドサイン

『僕耳』映画を上映 文化

7月10日 500人招待

7月1日号

木目と風景で創る調和美

木目と風景で創る調和美 文化

大磯町在住の浅田順子さん

7月1日号

まちかど事件簿

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook