大磯・二宮・中井版 掲載号:2022年7月1日号 エリアトップへ

星槎国際湘南 揃ってインターハイへ アーチェリー専攻の3選手

スポーツ

掲載号:2022年7月1日号

  • LINE
  • hatena
左から池田さん、奥村さん、武内さん
左から池田さん、奥村さん、武内さん

 星槎国際高校湘南学習センター=大磯町国府本郷=のアーチェリー専攻で学ぶ3選手が、全国高等学校総合体育大会(インターハイ)の県予選に出場し、団体・個人の両部門でインターハイ出場を決めた。団体の部では、初出場にして初優勝の快挙。

 全国への切符を手にしたのは、3年生の奥村礼矢さん(岐阜県出身)、1年生の武内俊秀さん(東京都出身)と池田皐晟さん(横浜市出身)。大会では70m離れた的を狙う個人戦で奥村さんがシーズンベストの647点を叩き出し、2位と31点の大差をつけて優勝。昨年に続き大会2連覇を成し遂げた。初出場の武内さんも個人3位に入賞、池田さんも日頃の練習の成果を発揮して、各校個人戦上位3人の合計点で順位を決める団体の部で初優勝を勝ち取った。

 これまでの試合で気づいた反省点の中から、とくに大切と思う改善点を数個に絞り、意識しながら試合に臨んだという奥村さんは、安定感を発揮してチームをけん引。昨年は個人3位に終わったインターハイを「同年代のライバルに勝ち、今年こそ優勝を狙いたい」と意気込む。

 「チームのことを考え、丁寧に射つことを意識したことが良い結果につながったのでは」と振り返る武内さんは大会前、「自分のためではなく、3人でインターハイに出るために射ちなさい」という寮監の助言を忠実に守った。「ここまで来られたのはチームのみんなと監督のおかげ。優勝カップで恩返しがしたい」と抱負を語った。

 自主練にも地道に取り組み、チームメイトから「努力家」と評される池田さんは「考えすぎてしまう性格なので、とにかく練習の成果を出すことだけを考えた」と大会を振り返る。「2人のために、そして2人に負けないように練習して本番に備えたい」

団結力で全国へ

 小5からアーチェリーを始め、中学生の頃から全国2位などの成績を残してきた奥村さんは昨年、国体の県代表やU17日本代表にも選ばれた有名人。武内さん、池田さんも奥村さんにあこがれて星槎を選んだという。面倒見がよく、ムードメーカーな奥村さんを中心にチームがまとまっている。3人を指導する茂田佳裕監督は「インターハイでは全力を尽くし、結果はどうであれ、終わった時に後悔の無いようにしてほしい。その経験を人にも伝えられるようになれば、自身の大きな財産になる」とエールを送った。インターハイは8月に香川県で開催される。

 なお3人は6月に開催された関東大会にも出場し、団体の部で4位に入賞、個人の部で奥村さんが優勝している。

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

デジタルラリーに大磯も

鎌倉殿の13人

デジタルラリーに大磯も 文化

「ゆかりの地」に六所神社

8月19日号

夏休みの居場所提供

大磯町

夏休みの居場所提供 教育

保護者不在の日中を支援

8月19日号

布川優さん全日本出場

大磯テニスアカデミー

布川優さん全日本出場 スポーツ

関東ジュニアで準優勝

8月12日号

事件・事故のない夏に

事件・事故のない夏に 社会

3年ぶり増 県警が注意喚起

8月12日号

商品券2万冊を増刷へ

二宮町補正予算

商品券2万冊を増刷へ 経済

コロナ禍の物価高騰補う

8月5日号

親子で全日本選手権へ

サーフィン

親子で全日本選手権へ スポーツ

田原靖夫さん・ありいさん

8月5日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook