神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

大磯在住藤塚さん 「竹工芸」で人間国宝に 7月21日に国が認定

文化

公開:2023年7月28日

  • X
  • LINE
  • hatena
「人間国宝」に認定された藤塚さん(大磯町提供)
「人間国宝」に認定された藤塚さん(大磯町提供)

 大磯町在住の藤塚松星さん(74)=本名・藤塚洋史さん=が重要無形文化財「竹工芸」の保持者として7月21日、国の文化審議会文化財分科会で追加認定された。同認定は「人間国宝」として知られるもので、大磯町内では唯一の保持者。藤塚さんは認定の報せを受け「私なんかでいいのかなと思った」と驚きと喜びをにじませる。

 藤塚さんは1949年、北海道雨竜郡深川町(現 北海道深川市)で生まれた。大磯小、大磯中、大磯高校を卒業し、天文に関わる企業に就職。72年に退社後、竹工芸作家の馬場松堂氏=本名・助治さん=に師事し、基本的な竹工芸の技法を学んだ。

 幅広い技法のある竹工芸の中でも、藤塚さんは竹ひごを並べつないで各部分を組み合わせる技法や、網代編みなどの技法を得意とする。

 ひごの持つ色彩を生かし、装飾的効果を高めるほか、器物などの作品に立体感を持たせるのが藤塚さんの技法の特徴。天体や自然を主題とした現代的な作品が「竹工芸に新たな可能性を示した」と高く評価された。

 地元の小中学生を対象にした天体観測やお囃子指導、竹工芸のワークショップなど地域に向けた活動を行ってきた藤塚さん。「新しい作品を作るのと並行して、地域の子どもたちに対しても還元していきたい」と話していた。

 人間国宝の認定を受け、7月23日には池田東一郎町長が藤塚さんを訪問。町民の快挙を祝った。

藤塚さん(左)を訪問する池田町長(大磯町提供)
藤塚さん(左)を訪問する池田町長(大磯町提供)

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

私設「棚」図書館スタート

大磯駅前「つきやま」

私設「棚」図書館スタート

本好きの関わり育む

2月23日

新年度当初予算案を発表

大磯町二宮町中井町

新年度当初予算案を発表

3月定例会で審議

2月23日

新型コロナ5週連続増

平塚保険福祉事務所管内

新型コロナ5週連続増

手洗い、マスクなど予防を

2月16日

3町からも被災地へ

能登半島地震職員派遣

3町からも被災地へ

避難所で仕分けなど従事

2月16日

「大磯小桜会」が発足

「大磯小桜会」が発足

苗木など配布し20年

2月9日

定置網漁船「いそかぜ」操業

大磯二宮漁協

定置網漁船「いそかぜ」操業

魚種の拡大などに期待

2月9日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月16日0:00更新

  • 2月2日0:00更新

  • 1月26日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook