神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

二宮町 能登派遣の教訓共有 全職員対象に研修実施

文化

公開:2024年6月14日

  • X
  • LINE
  • hatena
研修で避難所運営について報告した森さん
研修で避難所運営について報告した森さん

 二宮町は5月29日、神奈川県の派遣要請に伴い、能登半島地震の被災地に赴いた職員による防災研修を全職員向けに実施した。避難所運営支援のほか、支援物資の管理業務、住家の被害認定調査業務、罹災証明書発行業務を担った4人が登壇し、現地で撮影した写真などと共に、被災地で得た教訓を役場職員と共有した。

 防災研修で発表した森一華さん(26)=防災安全課=は、2月16日〜23日の約1週間、石川県羽咋郡志賀町の稗造防災センターで避難所運営にあたった。

 派遣の打診を受けたときは総務課に配属されていたが、「避難所運営に女性視点が大切なことは知っていました。二宮で災害があったときに避難所を運営する配備職員だったこともあり、経験してみようと参加を決めた」と話す。

 同センターの避難者は最大70人ほど。避難者の人数や体調の確認、要望書の受け取りなどにあたった。

 「できるだけ日常会話を心掛けた。近くで見かけた野生のコウノトリの話が盛り上がりました」と森さん。避難者から震災について話してくれたときは、傾聴に徹したという。

 1週間という短い期間で派遣職員の入れ替えがある中、重要だと話すのは現地のことをよく知る「キーパーソン」の存在だ。森さんが派遣された避難所では、志賀町議会議員の男性が、金沢の宿泊所に派遣職員が帰るため不在となる夜間の人数把握や声掛けを担い、悩み相談等も積極的に行っていたという。「とても心強かった。避難者と職員の橋渡し役を買って出てくれた」と話す。

 避難所にいたのは、もともと顔なじみでコミュニティーができている、高齢者がほとんど。感染症対策やプライバシー確保の観点から、衝立の設置を行おうとすると、「お互いの顔が見られなくなってしまうから衝立はやだ」という声が。「プライバシーへの配慮は求められる部分だと思っていたので少し驚いた」。地域やコミュニティーによって要望は異なるためマニュアル化の難しさを感じたという。

 支援物資として届いた大人用おむつを、人通りのある廊下に置いていたことについて「もっと見えないところに配置し、持っていきやすいよう、配慮できたらよかった」と振り返る。排泄物を処分する袋を、中身が見えないよう黒色にすることや、仮設トイレのちょっとした段差など、避難者の視点に立った時に、配慮が必要だと気づくことが多かったようだ。森さんは「高齢者や子育て中の人、障害がある人も安心して過ごせるよう避難所運営の前提を考える必要がある。4月から防災課に配属されたので生かしたい」と話していた。

 村田邦子町長は、職員たちの報告について「一人一人、今回の報告を自分事と捉えて、今後の業務に生かしてほしい」と講評。被災家屋の認定作業にアプリが使用されていたという報告などを踏まえ、「災害時に活用できるデジタル化についても検討していきたい」と話していた。

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

描こう未来の公共施設

中井町

描こう未来の公共施設

町民ら60人がワークショップ

6月28日

2030年度末に完成

二宮町ラディアン周辺整備

2030年度末に完成

1エリアに3施設集約

6月28日

地引網「台舟」知って

大磯伝統漁

地引網「台舟」知って

高齢化で継承不安も

6月21日

卓球全国大会に出場

山西小2年吉野さん

卓球全国大会に出場

チキータ武器に7月挑戦

6月21日

能登派遣の教訓共有

二宮町

能登派遣の教訓共有

全職員対象に研修実施

6月14日

レンズに収めた「さかな愛」

大磯町

レンズに収めた「さかな愛」

地元高校生が写真展

6月14日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月28日0:00更新

  • 6月21日0:00更新

  • 6月14日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook