小田原版 掲載号:2016年3月26日号
  • googleplus
  • LINE

若さ弾ける青春ROCK 高校・大学16組が熱演

文化

迫力のステージを披露(城北工高サウンド部)
迫力のステージを披露(城北工高サウンド部)
 学生たちによるフリーライブ「小田原ロックフェス2016」が3月21日、市民会館大ホールで開催された。

 市内にある3大学(関東学院大・小田原短期大・国際医療福祉大)の連携事業として11年度から始まったこのイベントは、大学生が企画・運営。県内の高校にも出演を依頼し、5回目となる今回はロックバンドのほか、和太鼓や吹奏楽、ダンスなど、計16組が参加した。

 小田原高校軽音楽部「Coke(コーク)」の小川真広君(2年)は、「ミスもあったが思っていたより観客が盛り上がってくれたので楽しく演奏できた」とステージを振り返った。特別ゲストとして出演した地元出身のロックバンド『藍(あお)坊主』のリーダー藤森真一さん(34)は、西湘高校の後輩から「憧れです」と声をかけられ、「プロを目指し頑張る後輩のためにも、憧れてもらえる存在であり続けたい」と笑顔を見せた。

小田原版のローカルニュース最新6件

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

安藤ニキさんが絵画展

安藤ニキさんが絵画展

清閑亭で24日から

1月24日~2月5日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月20日号

お問い合わせ

外部リンク