小田原市立病院の病院長に就任した 川口 竹男さん 横浜市在住 59歳

掲載号:2016年4月9日号

  • LINE
  • hatena

未知への開拓者

 ○…「医師や看護師の数、高度化に伴い大きくなる医療機器など、30年前と比べ市立病院を取り巻く環境はガラッと変わった。これまで増築・改築を繰り返してきたがそろそろ限界」と、建替えの必要性を強く訴える。「65の定年までに新たな市立病院の道筋だけでも示していきたい」。だからこそ、病院長となった今、自身で掲げた目標は「努力」の2文字だ。

 ○…『鉄腕アトム』『鉄人28号』を観て育った世代。子どもの頃に興味を持ったのは、ロボット工学の世界だった。「とにかくやんちゃだった」と照れ笑いを浮かべ当時を振り返る。中学では卓球、高校ではサッカーとその溢れるパワーをスポーツにぶつけた。そんなある日、プレー中に感じた横腹の痛み。検査のため総合病院に入院したがその原因はわからぬまま、時とともに痛みは消えた。「どうして原因がわからないのか、なぜ痛みが消えたのか。わからないことがある世界なら自分で解明したい」。この体験が医療へと進むきっかけとなった。

 ○…群馬県前橋市出身。高校は親元を離れ千葉県へ。その後、北里大学進学とともに神奈川県に居を移す。医師となってからも多々の医局を回り、研究のためアメリカのカリフォルニア大学にも約2年間留学。帰国後、市立病院に勤めて四半世紀になる。「気が付けば小田原での生活が一番長い。転々としてきた私にとっての故郷は小田原かな」とはにかんだ。

 ○…循環器の専門医として、患者と向き合う日々。治療が長期化するものや生死に直結する疾患も多く、平日は夜間の緊急呼び出しにも備え、横浜に家族を残し小田原にとどまる。「深夜叩き起こされても、患者さんが無事に社会復帰してくれれば医師冥利に尽きる」。週末には妻や中学生と高校生の子どもが待つ家族の元へ。「今は家族との団らんが何よりの息抜き」そう話した一瞬、優しい父親の顔をのぞかせた。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

丸塚 正子さん

小田原足柄納税貯蓄組合連合会初の女性会長に就任した

丸塚 正子さん

湯河原町在住 72歳

6月19日号

永井 等さん

町立湯河原美術館で10年ぶりに絵画展を開催している

永井 等さん

湯河原町在住 53歳

6月12日号

大川 裕(ゆたか)さん

小田原市議会第64代議長に就任した

大川 裕(ゆたか)さん

小田原市扇町在住 56歳

6月5日号

佐藤 静さん

「minaka dayマルシェ」の実行委員として、中心的な役割を務める

佐藤 静さん

小田原市出身 39歳

5月29日号

皆木孝行さん

岩ガキ「鶴宝」の養殖事業を手掛ける(株)岩ガキBASE代表取締役

皆木孝行さん

真鶴町在住 39歳

5月22日号

菅井 達司さん

AKB48などに楽曲を提供する作曲家で、4月に小田原で音楽教室を開校した

菅井 達司さん

湯河原町在住 43歳

5月15日号

瀬戸建設 SDGs宣言

住み続けたくなるまちづくりに貢献するため、SDGsの達成に尽力します。

http://www.setoken.co.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

  • 5月29日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter