10年目のストライク 高校野球開幕試合で球審

スポーツ

掲載号:2018年7月21日号

  • LINE
  • hatena
自身初の開幕試合の球審を務めた湯川さん
自身初の開幕試合の球審を務めた湯川さん

 連日熱戦が繰り広げられている第100回全国高校野球選手権記念南北神奈川大会。審判員として勤続10年を迎えたのは中学生の硬式野球チーム小田原足柄リトルシニア出身の湯川拓海さん(35)だ。

 7月8日に横浜スタジアムで行われた開会式で表彰され、直後の開幕試合で球審を務めた。元中日の山本昌広さんと元巨人監督の原辰徳さんが投打を務めた始球式で「プレイボール」をかけると共に湯川さんの夏も幕を開けた。始球式後、「原さんと握手してリラックスできました」と笑い=右下写真、自身初の開幕試合の球審に臨んだ。

負ければ終わりの責任感

 開会式の緊張感と熱気が冷めやらぬ中で行われた大一番。「高校生らしくハツラツとしたスピーディーな試合になるように」と攻守交代の際には自らも俊敏に動き、両チームのベンチ前に出向いて「全力プレー」を促した。その甲斐もあって、試合はロースコアで引き締まった展開となった(逗子2―1金井)。

 日頃のジャッジで心掛けていることは「グラウンドでプレーする選手たちを引き立てる冷静な判定をすること。特に高校生たちは2年半の思いが一試合にすべて詰まっていますから」。誤審で試合の流れを変えてしまうことのないよう、責任感を前面に出す。

「いつか甲子園で」

 審判員はボランティア。普段は工場の職員として勤務する湯川さんは、自身も高校時代は立花学園高野球部で白球を追った。22歳のときに少年野球や社会人チームの審判員としての活動を始め、25歳で神奈川県の高校野球の審判を志した。

 「試合に入り込んで、覚えていないということが意外と多い」と試合後は録画したビデオで自身の動きをチェック。「より正確な判定につなげていきたい」と語る湯川さん。夏の神奈川大会で審判員を務めるのは毎年4〜5試合ほど。「60歳で定年を迎えるまでに、いつか甲子園球場でジャッジをすることが夢」。今夏の湯川さんの熱闘も球児たちとともに続く。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

地域の魅力伝える新拠点に

7月22日オープン

地域の魅力伝える新拠点に 文化

小田原市観光交流センター

6月19日号

食品模型は海を越え

(株)小田原サンプル

食品模型は海を越え 経済

米ECサイトで販路拡大

6月19日号

小田原市に酒蔵を新設

(株)RiceWine森山酒造

小田原市に酒蔵を新設 社会

「HINEMOS(ヒネモス)」を世界に

6月12日号

湯河原、今夏は開設

海水浴場

湯河原、今夏は開設 社会

小田原市、真鶴町は中止

6月12日号

「食」でカカオ生産者を支援

小田原市寿町柳下龍介さん

「食」でカカオ生産者を支援 文化

「生ガトーショコラ」開発販売

6月5日号

接種の予約「焦らずに」

小田原市コロナワクチン

接種の予約「焦らずに」 社会

電話・ネット 申し込み集中

6月5日号

瀬戸建設 SDGs宣言

住み続けたくなるまちづくりに貢献するため、SDGsの達成に尽力します。

http://www.setoken.co.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

  • 5月29日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter