10年目のストライク 高校野球開幕試合で球審

スポーツ

掲載号:2018年7月21日号

  • LINE
  • hatena
自身初の開幕試合の球審を務めた湯川さん
自身初の開幕試合の球審を務めた湯川さん

 連日熱戦が繰り広げられている第100回全国高校野球選手権記念南北神奈川大会。審判員として勤続10年を迎えたのは中学生の硬式野球チーム小田原足柄リトルシニア出身の湯川拓海さん(35)だ。

 7月8日に横浜スタジアムで行われた開会式で表彰され、直後の開幕試合で球審を務めた。元中日の山本昌広さんと元巨人監督の原辰徳さんが投打を務めた始球式で「プレイボール」をかけると共に湯川さんの夏も幕を開けた。始球式後、「原さんと握手してリラックスできました」と笑い=右下写真、自身初の開幕試合の球審に臨んだ。

負ければ終わりの責任感

 開会式の緊張感と熱気が冷めやらぬ中で行われた大一番。「高校生らしくハツラツとしたスピーディーな試合になるように」と攻守交代の際には自らも俊敏に動き、両チームのベンチ前に出向いて「全力プレー」を促した。その甲斐もあって、試合はロースコアで引き締まった展開となった(逗子2―1金井)。

 日頃のジャッジで心掛けていることは「グラウンドでプレーする選手たちを引き立てる冷静な判定をすること。特に高校生たちは2年半の思いが一試合にすべて詰まっていますから」。誤審で試合の流れを変えてしまうことのないよう、責任感を前面に出す。

「いつか甲子園で」

 審判員はボランティア。普段は工場の職員として勤務する湯川さんは、自身も高校時代は立花学園高野球部で白球を追った。22歳のときに少年野球や社会人チームの審判員としての活動を始め、25歳で神奈川県の高校野球の審判を志した。

 「試合に入り込んで、覚えていないということが意外と多い」と試合後は録画したビデオで自身の動きをチェック。「より正確な判定につなげていきたい」と語る湯川さん。夏の神奈川大会で審判員を務めるのは毎年4〜5試合ほど。「60歳で定年を迎えるまでに、いつか甲子園球場でジャッジをすることが夢」。今夏の湯川さんの熱闘も球児たちとともに続く。

暑中お見舞い申し上げます

地元発着バスツアー

秋のオススメ 星空観賞やSL体験!

https://www.sugizaki-highwaybus.com/tourtype

湘南ステーションビル株式会社

ラスカは茅ヶ崎・平塚・小田原・熱海で営業しています

http://www.lusca.co.jp/

不動産でお悩みの方へ

不動産の専門家が適切なアドバイスをさせていただきます。安心して相談下さい。

http://www.shonan-con.org/

小田原市社会福祉協議会

すべての人が安心して暮らせるまちづくりを理念に、様々福祉課題取り組みます。

http://www.odawarashakyou.or.jp/

税理士法人 押田会計事務所

企業の継続的な発展と、お客様一人ひとりの将来への安心をトータルにサポート

https://www.oshidakaikei-tms.or.jp/

小田原ドライビングスクール

普通車・二輪だけじゃない、運転免許取るなら当校へ!ドローンスクールも新規開校

http://odawara-ds.com/

小田原の味・和菓子菜の花

よい水と素材にこだわり、つくりたての味―。帰省みやげやご贈答用にも。

http://www.nanohana.co.jp/

<PR>

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

箱根を認定 3年連続

アニメツーリズム協会

箱根を認定 3年連続 文化

訪れてみたいアニメ聖地

11月9日号

加藤市長が出馬表明

小田原市長選

加藤市長が出馬表明 政治

「総仕上げ」として4選目指す

11月9日号

「禁煙宣言」で取り組み強化

小田原医師会

「禁煙宣言」で取り組み強化 社会

受動喫煙防ぐ環境対策も

11月2日号

安藤穂弦さんに文科大臣賞

安藤穂弦さんに文科大臣賞 文化

伊勢神宮奉納書道展で

11月2日号

持続可能な地域社会へ

持続可能な地域社会へ 社会

おだわらSDGs実行委 発足

10月26日号

箱根初プロ野球選手へ

勝俣翔貴選手

箱根初プロ野球選手へ スポーツ

オリックスから5巡目指名

10月26日号

湯河原に伊能忠敬の足跡

湯河原に伊能忠敬の足跡 文化

吉浜と門川に記念碑完成

10月19日号

あっとほーむデスク

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月9日号

お問い合わせ

外部リンク