報徳の森プロジェクト 地場産木材で柵を製作 箱根駅伝の中継所に設置

スポーツ

掲載号:2019年1月12日号

  • LINE
  • hatena
小田原中継所に設置された木製の柵
小田原中継所に設置された木製の柵

 1月2・3日に行われた箱根駅伝の小田原中継所に、地場産木材を活用した木製の柵が3台設置された。小田原の林業再生などに取り組む「報徳の森プロジェクト」(高木大輔会長)が手掛けたもので、今後もスポーツイベント等での利用を探っていく方針だ。

 観光地の活性化などについて調査・研究を行う(公社)国際観光施設協会(本部・東京都)の担当者は、昨年11月に行われた報徳の森プロジェクトの総会に出席。マラソンなどでランナーと観戦者を隔てる柵の木質化を推進する同協会が、活用策について提案した。これを受けて、地場産木材の利用を進める同プロジェクトは趣旨に賛同。箱根駅伝での活用を目指して準備を進めることになった。

モチーフは蒲鉾

 小田原地区木材業協同組合や小田原林青会が調達した木材は、軽量で持ち運びに便利なスギ。市庁舎の木質化なども担当した伊藤陽子さんによるデザインは、「小田原」を表現するべく蒲鉾がモチーフとされ、施工・組み立ては市内の(株)ラ・ルースが行った。

 「ご当地ならではのデザインで、地域の木で街を活性化させる第一歩となった」と語る高木会長は、「東京オリンピックでも活用ができれば、『木の国ニッポン』として外国人に対するおもてなしにも良いと思う。小田原城に設置しても風景にマッチするのではないか」と展望を話した。そのためにも、今後は耐久性や軽量化などの点で、より扱いやすくなるよう改良を進めていくという。

 また、自社前が中継所であることから設置に協力した、メンバーで(株)鈴廣蒲鉾本店代表取締役社長の鈴木博晶さんも、「沿道の方々からも好評だった。普及版を開発することで、流鏑馬など様々な小田原の行事で目にする機会が増えるでしょう」と期待を込めた。

笠木や中央のくりぬき部分のモチーフは蒲鉾
笠木や中央のくりぬき部分のモチーフは蒲鉾

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

避難所もコロナ対策

避難所もコロナ対策 社会

「密」回避し安全第一に

7月11日号

観光と世代交流 拠点新設

報徳仕法(株)

観光と世代交流 拠点新設 経済

小田原市南町で2月開業

7月11日号

子育て世帯に商品券交付

小田原市

子育て世帯に商品券交付 経済

18歳以下に1人1万円分

7月4日号

22年度末、部分開通目指す

広域農道小田原湯河原線

22年度末、部分開通目指す 経済

石橋ー根府川交差点区間

7月4日号

田村洋一氏が出馬表明

箱根町長選挙

田村洋一氏が出馬表明 政治

「行政と民間の壁取り払う」

6月27日号

水と触れあう時間を守る

小田原市水泳支援プロジェクト

水と触れあう時間を守る 教育

授業中止受け民間名乗り

6月27日号

原点を忘れず、志を高く

マツダを支えてくださったすべての方々に、100周年特別記念車を。

http://www.mazda-odawara.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月11日号

お問い合わせ

外部リンク