小田原市 豪州と国内初パートナー ラグビーW杯 五輪へ関係強化

政治

掲載号:2019年6月15日号

  • LINE
  • hatena
リチャード大使から認定証を受け取る加藤市長(中央左)
リチャード大使から認定証を受け取る加藤市長(中央左)

 小田原市がこのほどオーストラリア(豪州)政府のスポーツ外交キャンペーン「AUS+RALLY(オーストラリー)」の国内初の公式パートナーに選ばれた。豪州の代表選手が訪れる際に、その活躍を支援する役割を担う。

 オーストラリーとは、スポーツ界の豪州代表選手らで構成する「チーム・オーストラリア」の日本での活躍を支える取り組みで、今年の4月に開始。豪州政府が今年9月20日に開幕するラグビーW杯や2020年の東京オリンピック・パラリンピックを見据え、チーム・オーストラリアを支える団体を「フレンズ・オブ・オーストラリア」に認定している。今後パートナーになった団体はチームの情報発信などを行い、支援し交流していくという。

 小田原市は豪州ノーザンビーチ市(旧マンリー市)と1991年から青少年の相互交流事業を展開するなど、友好都市として親交を深めてきた。

 さらに昨年8月には、世界トップレベルを誇るラグビー代表「ワラビーズ」のトレーニング拠点に決定。10月に市城山陸上競技場などでキャンプを実施し、セレモニーや学校訪問を通じて、市民と選手らとの間で交流事業が行われるなど、市をあげて豪州代表選手への応援の機運を高めてきた。

 また、20年のオリンピックに出場するラグビー女子7人制の代表選手が今年7月下旬から市内でトレーニングを実施する予定もあり、今後の交流もさらに期待が寄せられている。

大使館で認定式

 W杯開幕100日前にあたる6月12日には、東京都港区のオーストラリア大使館で認定証の贈呈式が行われ、加藤憲一市長が出席。リチャード・コート駐日大使が認定証を手渡し、「ラグビー代表チームを温かく迎えていただき、感謝している。スポーツの力を通じて関係が強化されることを期待している」と話した。

 加藤市長は「ワラビーズの皆様を万全の態勢で迎えられるよう準備し、応援のために様々な取り組みを実施したい」と期待を寄せた。

暑中お見舞い申し上げます

地元発着バスツアー

秋のオススメ 星空観賞やSL体験!

https://www.sugizaki-highwaybus.com/tourtype

湘南ステーションビル株式会社

ラスカは茅ヶ崎・平塚・小田原・熱海で営業しています

http://www.lusca.co.jp/

不動産でお悩みの方へ

不動産の専門家が適切なアドバイスをさせていただきます。安心して相談下さい。

http://www.shonan-con.org/

小田原市社会福祉協議会

すべての人が安心して暮らせるまちづくりを理念に、様々福祉課題取り組みます。

http://www.odawarashakyou.or.jp/

税理士法人 押田会計事務所

企業の継続的な発展と、お客様一人ひとりの将来への安心をトータルにサポート

https://www.oshidakaikei-tms.or.jp/

小田原ドライビングスクール

普通車・二輪だけじゃない、運転免許取るなら当校へ!ドローンスクールも新規開校

http://odawara-ds.com/

小田原の味・和菓子菜の花

よい水と素材にこだわり、つくりたての味―。帰省みやげやご贈答用にも。

http://www.nanohana.co.jp/

<PR>

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

結婚式で再生みかん園PR

結婚式で再生みかん園PR 社会

大学生が企画

12月7日号

全線運行は来秋頃

箱根登山鉄道

全線運行は来秋頃 経済

再開の見通し示す

12月7日号

国登録有形文化財へ

湯河原富士屋旅館

国登録有形文化財へ 文化

貴重な建造物として評価

11月30日号

愛称は「ミナカ小田原」

小田原駅東口再開発ビル

愛称は「ミナカ小田原」 文化

万葉集から引用

11月30日号

こよなく愛した箱根の山

こよなく愛した箱根の山 文化

柏木房太郎の生誕110年展

11月23日号

にぎわい戻る大涌谷

箱根町

にぎわい戻る大涌谷 社会

半年ぶりに再開

11月23日号

水産業振興の拠点に

TOTOCO小田原

水産業振興の拠点に 経済

小田原漁港西側に22日オープン

11月16日号

あっとほーむデスク

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月7日号

お問い合わせ

外部リンク