小田原駅東口再開発ビル 愛称は「ミナカ小田原」 万葉集から引用

文化

掲載号:2019年11月30日号

  • LINE
  • hatena

 小田原駅東口お城通り地区再開発事業により、新築工事中の再開発ビルの愛称が「ミナカ小田原」に決定した。ビルは地上3階建ての商業棟と地上14階、地下1階建ての高層棟で、2020年秋にオープン予定。

 愛称は今年7月に公募。624件の応募があった中から、事業施工者の万葉倶楽部株式会社(本社/小田原市栄町)の高橋弘会長、加藤憲一小田原市長ら5人による選考委員が厳選した結果、藤沢市在住の女性が発案した「みなか」が採用された。

 「みなか」の由来は「真ん中(中心)」という意味の古語。万葉集の中で日本一の霊峰・富士山を表す言葉としても使われている。命名にあたっては「未来の小田原で多くの人がであい、ゆきかい、にぎわう中心(みなか)として愛されるように」という願いとともに、同じく万葉集から引用された『令和』の新しい時代の幕開けを象徴する施設となるよう期待を込めたという。加藤市長は「万葉集が典拠の、品があり凛とした響きを持つ、令和に相応しい名称。その名の通りの、小田原の新たな中心になってほしい」と話している。

 また、隣接する「ラスカ」、「ハルネ」、「ウメコ」の名称にならい、同じ3文字にこだわったという。高橋会長は「一目で気に入った。新しい中心となり、お客様をまちなかへ案内できる施設にしていきたい」と意気込みを語った。

 愛称と同時に発表されたロゴマークはローマ字表記の「i」と「a」に、中心点をイメージした「〇」があしらわれ、ポイントカラーの赤い丸は太陽と月を表現している。

宿場町の風情を感じさせる完成イメージ
宿場町の風情を感じさせる完成イメージ

知ってますか?課題3本柱

財政危機、市立病院再建、防災・・・小田原の未来を語り合う

https://odawara-mirai.com

<PR>

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

結婚式で再生みかん園PR

結婚式で再生みかん園PR 社会

大学生が企画

12月7日号

全線運行は来秋頃

箱根登山鉄道

全線運行は来秋頃 経済

再開の見通し示す

12月7日号

国登録有形文化財へ

湯河原富士屋旅館

国登録有形文化財へ 文化

貴重な建造物として評価

11月30日号

こよなく愛した箱根の山

こよなく愛した箱根の山 文化

柏木房太郎の生誕110年展

11月23日号

にぎわい戻る大涌谷

箱根町

にぎわい戻る大涌谷 社会

半年ぶりに再開

11月23日号

水産業振興の拠点に

TOTOCO小田原

水産業振興の拠点に 経済

小田原漁港西側に22日オープン

11月16日号

小田原の未来をつくる会

「もったいないよ小田原」今の小田原土俵際 もうまったなし 

https://odawara-mirai.com

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月7日号

お問い合わせ

外部リンク